アポ・プレドニゾン (プレドニゾン) 20mg

6390 円!! 抗炎症作用と免疫抑制作用で、ぜんそく、排卵障害、皮膚炎、貧血、前立腺癌、リウマチなど幅広い症状の治療に効果を発揮するステロイド薬!アレルギー性、炎症性、免疫系の重い病気に。

Apo-Prednisone (Prednisone) - 20mg (500 Tablets)

■ 500錠

6390 円


ご注文数量 単価
2 以上 6120 円
6 以上 6000 円
11 以上 5880 円
   

数 量 :   


 

有効成分

プレドニゾン(Prednisone)

 

製造国

ニュージーランド

 

製造元

Apotex Pharmaceutical

使用量

通常、成人は1日5-60mgを1-4回に分けて経口服用してください。


なお年齢、症状により適宜増減します。


商品詳細

アポ・プレドニゾン20mgは、炎症やアレルギーなどの治療に効果的なステロイド薬です。


主成分のプレドニゾンは人工の糖質コルチコイドで、天然のものより約4倍強力だといわれています。糖質コルチコイドは副腎皮質ホルモンの一種で、その主な働きに抗炎症作用と免疫抑制作用を持つ成分です。


多岐にわたって効力を発揮するプレドニゾンですが、その免疫抑制作用から服用によって細菌やウイルスに対する抵抗力が低くなるという副作用があります。 また薬物によって外部から副腎皮質ホルモンを摂取すると、結果的として副腎皮質刺激ホルモンなどの内因性の副腎皮質ホルモンが分泌されなくなるために副腎が委縮し、副腎皮質機能が働かなくなることがあります。


さらに、プレドニゾンの服用を突然中止するとショックなどの離脱症状があらわれることがあることから、通常は軽い症状の場合にプレドニゾンは服用しません。


副作用

●主な副作用

発疹、月経異常、クッシング症候群様症状(中心性肥満、高血圧、糖尿病様症状、筋力低下など)、下痢、悪心・嘔吐、胃痛、胸やけ、腹部膨満感、口渇、食欲不振、食欲亢進、多幸症、不眠、頭痛、めまい、筋肉痛、関節痛、満月様顔貌、野牛肩、窒素負平衡、脂肪肝、むくみ、血圧上昇、低カリウム性アルカローシス、網膜障害、眼球突出、白血球増多、ざ瘡、多毛、脱毛、色素沈着、皮下溢血、紫斑、線条、かゆみ、発汗異常、顔面紅斑、脂肪織炎、発熱、疲労感、ステロイド腎症、体重増加、精子数およびその運動性の増減、尿路結石、創傷治癒障害、皮膚・結合組織の菲薄化(薄くなること)、脆弱化


●極稀に起こる重篤な副作用

誘発感染症、感染症の増悪、続発性副腎皮質機能不全、糖尿病、消化管潰瘍、消化管穿孔、消化管出血、すい炎、精神変調、うつ状態、けいれん、骨粗鬆症、大腿骨および上腕骨などの骨頭無菌性壊死、ミオパチー(筋疾患)、後嚢白内障、中心性漿液性網脈絡膜症、多発性後極部網膜色素上皮症、血栓症、心筋梗塞、脳梗塞、動脈瘤、硬膜外脂肪腫、腱断裂


特別な注意

【禁忌】

・アポ・プレドニゾン20mgの成分に対して過敏症の既往歴のある人。


【原則禁忌】

・有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症の人: 免疫機能抑制作用により、症状が増悪することがあります。

・消化性潰瘍の人: 肉芽組織増殖抑制作用により、潰瘍治癒(組織修復)が障害されることがあります。

・精神病の人: 大脳辺縁系の神経伝達物質に影響を与え、症状が増悪することがあります。

・単純疱疹性角膜炎の人: 免疫機能抑制作用により、症状が増悪することがあります。

・後嚢白内障の患者: 症状が増悪することがあります。

・緑内障の人: 眼圧の亢進により、緑内障が増悪することがあります。

・高血圧症の人: 電解質代謝作用により、高血圧症が増悪することがあります。

・電解質異常のある人: 電解質代謝作用により、電解質異常が増悪することがあります。

・血栓症の人: 血液凝固促進作用により、症状が増悪することがあります。

・最近行なった内臓の手術創のある人: 創傷治癒(組織修復)が障害されることがあります。

・急性心筋梗塞を起こした人: 心破裂を起こしたとの報告があります。


【慎重服用】

・感染症の人: 免疫機能抑制作用により、感染症が増悪することがあります。

・糖尿病の人: 糖新生作用などにより血糖が上昇し、糖尿病が増悪するおそれがあります。

・骨粗鬆症の人: 蛋白異化作用などにより、骨粗鬆症が増悪するおそれがあります。

・腎不全の人: 薬物の排泄が遅延するため、体内蓄積による副作用が現われるおそれがあります。

・甲状腺機能低下のある人: 血中半減期が延長するとの報告があり、副作用が現われるおそれがあります。

・肝硬変の人: 代謝酵素活性の低下などにより、副作用が現れやすいと言われています。

・脂肪肝の人: 脂肪分解、再分布作用により、肝臓への脂肪沈着が増大し、脂肪肝が増悪するおそれがあります。

・脂肪塞栓症の人: 大量服用により脂肪塞栓症が起こるとの報告があり、症状が増悪するおそれがあります。

・重症筋無力症の人: 服用当初、一時症状が増悪するおそれがあります。


 


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただき、ご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし、当商品についてよく理解した上で、適量をご自分の責任において使用してください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が生じたとしても、用量にかかわらず救済対象とはならず、その制度からの保障を受けることはできません。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましても、当店ではお返事できませんので、悪しからずご了承ください。