ハイプロン(ジェネリックソナタ)10mg 10カプセル

970 円!! ソナタのジェネリック 不安、緊張を和らげ、催眠作用を発揮する睡眠導入剤。

Hyplon-10 (Zaleplon) - 10mg (10 Capsules)

■ 10カプセル

970 円


ご注文数量 単価
2 以上 900 円
   

【現在、在庫切れとなっています】


 

有効成分

ザレプロン(Zaleplon)

 

製造国

インド

 

製造元

Consern Pharma PVT. LTD

使用量

通常、成人は1日1錠を就寝時もしくは就寝後寝付けない場合に経口服用します。
高齢者、低体重者、肝臓に疾病のあるは1日5mgの服用が推奨されています。


商品詳細

ハイプロン-10は、主に不眠症の治療に利用される非ベンゾジアゼピン系(ベンゾジアゼピン受容体作動薬)の鎮静・睡眠薬です。

不眠症は、寝付けない、夜中や早朝に目が覚める、熟睡できないなど、充分な睡眠が取れないために、日常生活に支障をきたす病気です。 
しかしいくら睡眠時間が短くても、昼間の生活に特に影響がない場合は不眠症には含まれません。 
不眠症になる原因として、病気などが原因である身体的要因、環境の変化による生理学的要因、主にストレスや精神不安などによる心理的要因、うつ病、神経症、統合失調症などの精神疾患が原因の精神医学的原因、そしてアルコールやたばこ、薬剤などが原因となり眠れなくなる薬理学的原因などに分けられます。 
充分な睡眠が取れないために体の調子が悪くなり、動悸や息切れ、体重減少、めまい、頭痛、胃腸不良、慢性疲労などの症状のほか、イライラや気分の落ち込みなど、精神的にも問題がおよぶことがしばしばあります。 
ほかにも注意力や判断力の低下、思考能力の欠如などから、仕事のミスや交通事故などにつながり、日常生活に大きな支障をきたすことがあります。

一般に不眠症の治療は、非薬物療法と、薬物療法が挙げられます。 
非薬物療法では、朝起きたら太陽の光を浴びて体内時計をリセットする、適度な運動、就寝前の刺激物を控える、寝る前にゲームやインターネットなどで脳に刺激を与えないなどのほか、不眠の原因となる心理的要因を取り除いたり、環境を変えるなどの方法が取られます。 
一方、薬物療法では、感情の変化やストレスによる脳神経の興奮を抑えるなど、できるだけ自然な眠りが起こる仕組みに近い作用を持つ睡眠薬が使用されることが多いようです。 
その代表的な薬がベンゾジアゼピン系です。 
ベンゾジアゼピン系の薬は、脳内の神経伝達物質であるGABAの脳内作用を増強する働きがあります。体内に取り込まれたベンゾジアゼピン系薬物は、脳内の「GABA A受容体」という部分に結合します。
ベンゾジアゼピン系薬物が結合したGABA A受容体に、GABAが結合すると、塩素イオンの神経細胞内への流入がGABA単独で結合した場合より促進されることで、脳内の活動はスローダウンし、それが心の不安、緊張を和らげ、催眠作用を発揮すると考えられています。
実際、ベンゾジアゼピン系の薬は効果が高く、安全性が高いため、睡眠薬治療の主流となっていますが、それでも運動障害作用や筋弛緩作用などの副作用があるため、ふらつきや注意力低下、構音障害のほか、不安や興奮が起こることがあります。

ベンゾジアゼピンの利点を残しながらも副作用を低減させ、より自然な睡眠に導くように開発されたのが、ハイプロン-10の有効成分であるザレプロンです。
ザレプロンはほかの睡眠薬とは異なり、睡眠のメカニズムを妨げることなく作用し、また薬の依存性や服用中止による不眠症の再発リスクが起こることなしに、最大5週間の服用が可能です。


副作用

ハイプロン-10を服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

主な副作用
めまい、眠気、短期記憶喪失、協調欠如、運動失調、非静穏性、集中力低下、無気力、うつ病、興奮、精神錯乱、異常思考、異常行動、悪夢、幻覚、複視、視覚困難、嗅覚障害、発語障害、吐き気、食欲減退、光線過敏、不快感

極稀に起こる重篤な副作用
過敏反応、アミン基転移酵素増加


特別な注意

以下の場合、ハイプロン-10を絶対に服用しないでください。
・ハイプロン-10の成分に対して過敏症の既往歴のある人
・睡眠時無呼吸症の人
・肝臓に重篤な疾患のある人
・重症筋無力症の人
・重篤な呼吸疾患または胸部に重篤な問題のある人

【慎重服用】
・ハイプロン-10の服用中は、アルコールを絶対に摂取しないでください。アルコールが睡眠作用を増大させる可能性があります。

・過去に麻薬やアルコールに依存したことのある人は、特に慎重に服用してください。

・ハイプロン-10を含む、睡眠を誘引する薬を服用中の人は、それらに依存する可能性があります。

・必要以上にハイプロン-10やほかの睡眠薬を服用しないでください。

・睡眠薬を服用する際に、一時的な記憶喪失や協調欠如が起こる可能性があります。
この状態は、ハイプロン-10服用後少なくとも4時間行動しないことで避けることができます。

脂肪分の多い食事の後の服用は、ハイプロン-10の吸収を阻害し、効果を弱めます。
また大量の食事を摂取した後の服用は、ハイプロン-10の効果出現が遅くなることがあります。

安全性が確立していないため、妊娠中または妊娠している可能性のある人は、ハイプロン-10を服用しないでください。

安全性が確立していないため、授乳中の人は、ハイプロン-10を服用しないでください。

途中で服用を中止した場合、睡眠障害、気分の変化、不安感、情動不安などの症状が再び現われる可能性があります。

ほかの睡眠薬・鎮痛薬と同様に、ハイプロン-10を服用した場合、うつ病の人では自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、ハイプロン-10の服用にあたってはリスクとベネフィットを考慮してください。

旅行中、特に飛行機でハイプロン-10を服用しないでください。
通常、ハイプロン-10の効力が切れる前に目覚める必要があり、服用後4時間以上の睡眠が取れない場合は物忘れなどの症状が出現することがあります(旅行者健忘症)。