アカンプロル (アカンプロセート) 333mg 6錠

310 円!! 飲みたいという欲望を抑え、依存症治療効果や再発防止効果を発揮するアルコール依存症治療薬。

Acamprol (Acamprosate) - 333mg (6Tablets)

■ 6錠

310 円


ご注文数量 単価
2 以上 290 円
6 以上 280 円
   

数 量 :   


 

有効成分

アカンプロセート(Acamprosate)

 

製造国

インド

 

製造元

Sun Pharmaceutical Ind.

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。 
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1回2錠を1日3回経口服用します。
中等度の腎機能障害のある人は、1回1錠を1日3回服用するのが望ましく、
また重度の腎機能障害のある人はアカンプロル333mgを服用しないでください。
毎食後に服用するのが望ましいとされています。

症状などにより適宜減量します。


商品詳細

アカンプロル333mgは、アルコール依存症の人の飲酒欲求を抑制する薬で、通常はカウンセリングまたは社会心理学的、認知行動療法などのプログラムとともに使用されます。

WHO(世界保健機関)は、アルコール依存症を「アルコールを繰り返し摂取した後に出現する一連の行動、認知、生理学的な現象として、有害な結果をもたらすにもかかわらず、アルコールの摂取を強く望み、制御が困難となり、摂取に固執し、どのような行動や義務よりもアルコール摂取が優先されるといった典型的な現象が現われる。こうした現象は次第に耐性を増し、時に禁断症状を呈することがある」人と定義しています。
日本国内におけるアルコール依存者は、その予備軍も含めて約440万人と推測されており、またアルコール依存症で入院治療などを受けた人でも、その約7割の人は退院後1年以内に再び飲酒をし、実際に2年以上の禁酒に成功している人はわずか2割との統計もあります。
さらに2009年4月に自殺予防総合センターがまとめた報告によると、自殺者の4人に1人は家庭や職場でアルコール絡みの問題を起こし、その約半数は自殺時にも飲酒をしていたとされ、そのほかにもアルコール依存者の3-4割の人は抑うつ症状を持っているとも言われています。
このようにアルコール依存症は身体的、精神的、社会的に影響をおよぼす深刻な疾患です。

アルコール依存症の根本的な治療は断酒です。
しかし実際は、飲酒量をコントロールすることができず、例え短期間お酒をやめることができても、気付くと元の量に戻ってしまう場合がほとんどです。
さらに、アルコールの長期摂取により脳がアルコールに過剰に抑制された状態にあるため、急激な断酒によりアルコールが体内から抜けると脳の活動を抑えつけていたものがなくなり、けいれんなど命にかかわる危険な症状が起こることもあります。
そのため、アルコール依存症の治療は単にお酒を断つだけではなく、カウンセリングや薬剤による治療など複数面からのアプローチが必要となってきます。

薬物治療の中心は、アンタビュースなどの抗酒剤が主に使われています。
これは服用後に飲酒すると、ごく少量のアルコールでも頭痛、吐き気、動悸など悪酔いの症状が現われる薬です。
しかしアカンプロル333mgは飲酒の欲望自体を抑えるという、従来の治療薬とは全く異なる作用の薬です。
その機序ははっきりとは解明されていませんが、有効成分のアカンプロセートは、記憶と学習をつかさどる脳内神経伝達物質であるグルタミン酸の受容体のひとつであるN-メチル-D-アスパラギン酸受容体(NMDA)を通して興奮性の神経系を抑えるほか、抑制性の神経系の働きを高め、アルコールへの「渇望」自体を抑制する薬です。
またアルコールの摂取を中止した後に、再びアルコールへの渇望を抑える効果も期待されています。
アカンプロセートは、元来脳内神経伝達物質のひとつであるため、副作用が少なく、比較的安全に使用することができるとされています。


副作用

アカンプロル333mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

・主な副作用
下痢、吐き気、嘔吐、放屁、胃痛、食欲減退・増進、頭痛、眠気、めまい、便秘、疲労感、体重増加・減少、筋肉痛、関節痛、性欲変化、性欲減退、動悸、失神、消化不良、末梢浮腫、異常思考、ふるえ、血管拡張、鼻炎、せき、呼吸困難、咽頭炎、気管支炎、発疹、視覚異常、味覚倒錯


特別な注意

以下の場合、アカンプロル333mgを絶対に服用しないでください。

・アカンプロル333mgの成分に対して既往歴のある人

 

腎機能障害のある人: 中等度の腎機能障害(クレアチニンクリアランスが30-50mL/分)のある人は服用量を減量してください。また重度の腎機能障害のある人は、アカンプロル333mgを服用しないでください。

自殺傾向: アカンプロル333mg服用による自殺傾向の副作用はほとんどありませんが、臨床試験の結果、服用していな人に比べて自殺傾向および抑うつの発生比率が高くなっています。

妊娠中の人の服用に対する安全性は確立していないため、治療の有益性がリスクを上回る場合に限り服用してください。

母乳への移行性に関する安全性は確立していないため、授乳中の人が服用する場合は充分注意し、服用する場合は授乳を中止してください。

小児などに対する安全性は確立していません。

アカンプロル333mgは腎臓から排泄されるため、腎機能障害のある人に対する毒性リスクの可能性は高くなります。一般に高齢者では腎機能が低下しているため、服用に際しては低用量から開始するなど、充分に観察を行なってください。


 


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただき、ご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし、当商品についてよく理解した上で、適量をご自分の責任において使用してください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が生じたとしても、用量にかかわらず救済対象とはならず、その制度からの保障を受けることはできません。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましても、当店ではお返事できませんので、悪しからずご了承ください。