ヴェキサゾン(塩酸ピオグリタゾン)15mg 90錠

1620 円!! アクトスのジェネリック
血糖を効率的に体内に取り込ませる糖尿病治療薬。すい臓に負担をかけずに長期的な血糖値の維持を可能にします。

Vexazone (Pioglitazone hydrochloride) - 15mg (90 Tablets)

■ 90tablets

1620 円


ご注文数量 単価
2 以上 1500 円
   

【現在、在庫切れとなっています】


 

有効成分

塩酸ピオグリタゾン(Pioglitazone Hydrochloride)

 

製造国

ニュージーランド

 

製造元

Mylan

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。 
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

●食事療法、運動療法のみの場合。スルホニルウレア剤、α‐グルコシダーゼ阻害剤、ピグアナイド系薬剤を食事療法、運動療法に加えて使用している場合 
1日1回、朝食の前または後に15-30mgを経口服用してください。45mgを上限として、年齢、性別、症状により服用量を増減してください。

●食事療法、運動療法に加えて、インスリン製剤を使用する場合 
1日1回、朝食の前または後に15mgを経口服用してください。30mgを上限として、年齢、性別、症状により服用量を増減してください。


商品詳細

ベキサゾン15mgは、以下のいずれかの治療で充分な効果が得られずインスリン抵抗性が推定される場合にII型糖尿病の治療薬です。 
・食事療法、運動療法のみ 
・食事療法、運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用 
・食事療法、運動療法に加えてα-グルコシダーゼ阻害剤を使用 
・食事療法、運動療法に加えてビグアナイド系薬剤を使用 
・食事療法、運動療法に加えてインスリン製剤を使用

食べ物や飲み物が消化されると体内でブドウ糖と呼ばれるエネルギー源がつくられ、血液によって体の細胞に運ばれて筋肉や臓器で使われます。血中のブドウ糖量を示す値を血糖値と呼びますが、この血糖値が異常に高くなる状態が続くことで血管や臓器に支障をきたし、さまざまな身体障害を引き起こすのが糖尿病です。健康な状態ではインスリンと呼ばれるホルモンがブドウ糖の量をコントロールし、筋肉や臓器にエネルギーを送っていますが、糖尿病になるとこのインスリンが不足したり、うまく作用しなくなります。そのためブドウ糖が細胞に取り込まれなくなり、筋肉や臓器で血液中のブドウ糖が使われなくなるために全身のエネルギーが不足した状態になるのです。すると、のどの渇き、体重減少、視力異常、倦怠感、尿の量・回数の増多、立ちくらみなどの症状が起こり、またこのような代謝機能の異常な状態が長期間続くと体内の血管が詰まり、眼、腎臓、神経などに障害が起る「糖尿病性合併症」を引き起こす原因ともなります。

糖尿病は主に2種類に分類することができます。I型糖尿病は、すい臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、体内のインスリン量が絶対的に足りなくなって起こります。通常は若い人や子供に多くみられるため、若年性や小児性糖尿病と呼ばれることもあります。またII型は、何らかの原因でインスリンの分泌量が少なかったり、インスリンの働きが悪くなったりすることで起こる糖尿病のことを指します。中でも、すい臓からインスリンが分泌されても筋肉や臓器が血液中のブドウ糖を取り込まない状態をインスリン抵抗性と呼び、内臓肥満、高血圧、低HDLコレステロール血症の人などに多くみられる傾向があります。このII型の原因として考えられているのは、遺伝と生活習慣です。例えば食べ過ぎ、運動不足、肥満、喫煙、飲酒、ストレス、加齢などが関わっているとされており、日本人糖尿病患者の約95%以上がこのタイプだとも言われています。またI型が急激に発病するのに比べ、II型はゆっくりとその症状が現われ、初期段階では自覚症状がほとんどないのも特徴です。これら2タイプのほかに、ほかの病気や薬の影響で起こるものや、妊娠がきっかけとなって起こる糖尿病(妊娠糖尿病)もあります。

糖尿病の初期治療では、薬物などによる治療よりはむしろ食事療法および運動療法が重視されます。これにより血糖の低減、心肺強化、血圧降下などの効果が期待できるために、通常は薬物療法に入る前の治療として、また薬物療法と併用して行ないます。ベキサゾン15mgの主成分である塩酸ピオグリタゾンは、インスリン抵抗性の主因である細胞内インスリン情報伝達機構を正常化することにより、インスリンの抵抗性を軽減、また肝の糖産生を抑えることで末梢組織における糖利用を高め、血糖を低下させます。ベキサゾン15mgは食事療法および運動療法では効果が現われなかった人、またこれらに加えた一部の薬物療法で効果が見られなかった人に対して有効な薬です。


副作用

ベキサゾン15mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用 
貧血、白血球減少、血小板減少、血圧上昇、心胸比増大、心電図異常、動悸、胸部圧迫感、顔面潮紅、発疹、湿疹、そう痒、悪心、嘔吐、胃部不快感、胸やけ、腹痛、胸部膨満感、下痢、便秘、食欲亢進、食欲不振、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、AL-P上昇、γ-GPT上昇、めまい、ふらつき、頭痛、眠気、倦怠感、脱力感、しびれ、LDH上昇、CK(CPK)上昇、BUN上昇、カリウム上昇、総たんぱくおよびカルシウムの低下、体重および尿たんぱくの増加、息切れ

●極稀に起こる重大な副作用 
心不全の増悪または発症、むくみ、肝機能障害、黄だん、低血糖症状、横紋筋融解症、胃潰瘍の再燃


特別な注意

効能、効果に関連する服用上の注意 
糖尿病の診断が確立した場合にのみ服用を考慮してください。

以下の場合、ベキサゾン15mgを絶対に服用しないでください。 
・心不全の人および心不全の既往歴のある人: 胴部実験において循環血漿量の増加に伴う代償性の変化と考えられる心重量の増加がみられています。また臨床的にも心不全を増悪あるいは発症したとの報告があります。 
・重症ケトーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡、I型糖尿病の人: 輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となります。 
・重篤な肝機能障害のある人: ベキサゾン15mgは主に肝臓で代謝されるため、蓄積するおそれがあります。 
・重篤な腎機能障害のある人 
・重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある人: インスリン注射による血糖管理が望まれるため、ベキサゾン15mgの服用は適しません。 
・ベキサゾン15mgの成分に対して過敏症の既往歴のある人 
・妊婦または妊娠している可能性のある人: 妊娠中の服用に関する安全性は確立していません。

以下の場合、ベキサゾン15mgを慎重に服用してください。 
・心不全発症のおそれのある心筋梗塞、狭心症、心筋症、高血圧性心疾患などの心疾患のある人: 循環血漿量の増加により心不全を発症させるおそれがあります。 
・脳下垂体機能不全または副腎機能不全: 低血糖を起こすおそれがあります。 
・栄養不良状態、飢餓状態、不規則な食事摂取、食事摂取量の不足または衰弱状態の人: 低血糖を起こすおそれがあります。 
・激しい筋肉運動: 低血糖を起こすおそれがあります。 
・過度のアルコールを摂取している人: 低血糖を起こすおそれがあります。 
・高齢者:一般に生理機能が低下しているため、1日1回15mgから服用開始するなど、副作用発現に注意しながら慎重に服用してください。 
・ほかの糖尿病用薬を服用中の人

重要な基本的注意 
・ベキサゾン15mgの服用は、あらかじめ糖尿病治療の基本である食事療法、運動療法を充分に行なって上で効果が不充分な場合に限り服用を考慮してください。 
・ベキサゾン15mgを服用する場合は、インスリン抵抗性が推定される人に限定してください。 
・ベキサゾン15mgを服用する場合には、血糖、尿糖を定期的に検査し、薬剤の効果を確認し、3ヵ月間服用しても効果が不充分な場合には速やかにほかの治療薬への切り替えをしてください。 
・服用の継続中に服用の必要がなくなる場合や、減量する必要がある場合があり、また服用者の不養生、感染症の合併などにより効果がなくなったり、不充分となる場合があるため、食事摂取量、体重の推移、血糖値、感染症の有無などに留意のうえ、常に服用継続の可否、服用量、薬剤の選択などに注意してください。 
・急激な血糖降下に伴い、糖尿病性網膜症が悪化するとの報告があります。 
・α-グルコシダーゼ阻害剤とベキサゾン15mgの1日45mgの併用における安全性は確立していません。 
・α-グルコシダーゼ阻害剤、スルホニルウレア系薬剤およびベキサゾン15mgの3剤を併用する場合の安全性は確立していません。 
・ビグアナイド系薬剤とベキサゾンの1日45mgの併用における安全性は確立していません。

*使用量に関する注意 
・女性が服用する場合むくみが生じることがあります。むくみに気をつけながら1日1回15mgからの服用が適量とされています。 
・高齢者が服用する場合は、1日1回15mgからの服用が適量とされています。 
・1日1回の使用量を30mgから45mgに増やした場合、むくみが生じることがあります。 
・インスリンと併用する場合むくみが生じることがありますので、1日1回15 mgから服用を始めてください。増量する場合はむくみおよび心不全の症状・兆候に注意しながら1日30 mgを上限としてください。

授乳中の人の服用は避けることが望ましいとされていますが、やむを得ず服用する場合は授乳を中止してください。

小児などに関する安全性は確立していません。

ベキサゾン15mgなどのチアゾリジン系薬剤を服用したところ(糖尿病性)黄斑浮腫が発症または増悪したとの報告があります。