ヴァルザール(ディオバンジェネリック)80mg 10錠

910 円!! ディオバンのジェネリック
血管を収縮させ血圧を上昇させる物質の働きを抑制し降圧作用を発揮する本態性高血圧症治療薬。

Valzaar (Valsartan) - 80mg (10 Tablets)

■ 10錠

910 円


ご注文数量 単価
2 以上 850 円
   

【現在、在庫切れとなっています】


 

有効成分

バルサルタン(Valsartan)

 

製造国

インド

 

製造元

Torrent Pharmaceuticals

使用量

通常、成人は1日1回1/2~1錠(40~80mg)を服用します。 
症状に応じて、1日1回2錠(160mg)まで増量できます。


商品詳細

ヴァルザール80mgは、ディオバンのジェネリック商品で高血圧症の治療薬です。 
有効成分のバルサルタン(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬/AⅡ受容体)は、体内で生産されるアンジオテンシンⅡ受容体に結合し、昇圧作用を示すアンジオテンシンⅡの血管収縮作用を遮断することにより高血圧症の血圧を下げる効果があります。

高血圧症は、通常、人間の正常血圧範囲『収縮期血圧130mmHg未満・拡張期血圧85mmHg未満』を超えて高く維持されている状態を指します。しかし高血圧自体は自覚症状が何もない事が多いため、知らず知らずのうちに虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの合併症を併発するおそれがあります。

高血圧症の分類は、本態性高血圧(原発性高血圧)と二次性高血圧の2種類があり、二次性高血圧は明らかな原因疾患から生じる高血圧で、しばしば手術などで完治する確率が高いとされています。 
その一方で高血圧患者の90%以上を占めるとされる本態性高血圧(原発性高血圧)は、遺伝素因に加え生後の成長過程~加齢プロセスにおける食事、肥満、過度のストレスや過労などの様々な生活習慣が絡み合って生じる病態と考えられており、肥満・高脂血症・糖尿病との合併症を生じさせます。 
そのような状態は『メタボリックシンドローム』と呼ばれ『死の四重奏』と称される程の恐ろしい病気です。

ヴァルザール80mgの有効成分・バルサルタン(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬/AⅡ受容体)は、強い血圧上昇因子で動脈の平滑筋にあるアジオテンシンⅡの特異的結合作用部位であるアンジオテンシンⅡ受容体(AT1タイプ)に働きかけ、血圧上昇や副腎皮質からのアルドステロンの分泌を刺激します。 
アンジオテンシンⅡ受容体には、AT1タイプとAT2タイプがありますが、ヴァルザール80mgの有効成分・バルサルタン(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬/AⅡ受容体)は、特にAT1タイプに強い親和性を持って結合するため、アジオテンシンⅡの作用がこの部位でブロックされて血圧が降下するという特徴を持っています。


副作用

ヴァルザール80mgを使用している間、以下項目に該当する、もしくは不快な症状や気になる症状がある場合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。

主な副作用 
めまい、頭痛、動悸、腹痛、咳嗽、悪心、倦怠感、発疹、低血圧、そう痒、光線過敏症

極めて稀な副作用 
血管浮腫、肝炎、腎不全、高カリウム血症、ショック、失神、意識消失、無顆粒球症、白血球減少、血小板減少、間質性肺炎、低血糖値


特別な注意

以下項目に該当する方はヴァルザール80mgを使用しないで下さい。 
・ヴァルザール80mgの有効成分にアレルギーがある方 
・妊婦、授乳中、妊娠している可能性がある方 
・乳児、小児

以下項目に該当する方、または既病歴がある方はヴァルザール80mgの使用を医師と相談して下さい。 
・腎動脈狭窄症 
・高カリウム血症 
・腎機能障害、肝障害(胆汁性肝硬変、胆汁うっ滞、等) 
・脳血管障害 
・血液透析中の方 
・利尿降圧剤投与中の方 
・減塩療法中の方 
・高齢者

その他 
例え同じ症状であっても、他者へ与えないで下さい。 
ヴァルザール80mgを使用している間、血圧の低下によりめまいやふらつきなどの症状を感じる方がいます。車などの運転や精密な機械作業の扱いに充分注意して下さい。