ラミプレス (ラミプリル) 5mg 10錠

570 円!! 高血圧症やうっ血性心不全の治療に有効なアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬。

Ramipres (Ramipril) - 5mg (10 Tablets)

■ 10錠

570 円


ご注文数量 単価
2 以上 540 円
   

【現在、在庫切れとなっています】


 

有効成分

ラミプリル(Ramipril)

 

製造国

インド

 

製造元

Cipla

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。 
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

【高血圧】
通常、成人は1日1回2.5mgを経口服用します。
症状に応じて服用量を適宜増量してください。
服用量を増量する場合、2-3週間隔で倍増するのがよいとされています。
1日の通常維持量は2.5-5mgとされていますが、1日の第大服用量は10mgまでとします。
1日の服用量を5mg以上に増やす場合、利尿薬やカルシウム拮抗薬などによる追加治療も考慮してください。
腎機能が低下している人では、1日の服用量を1.25mg、最大服用量を5mgとするのがよいとされています。
重篤な高血圧などで体液排出や塩類の欠乏が完全に改善されない、また低血圧反応が特定のリスク(冠状血管または脳に血を送る血管の狭窄など)となる人では、1.25mgから服用するなど考慮してください。

利尿薬での治療を既に行なっている人では、ラミプレス5mgによる治療を開始する前に、利尿薬の作用期間に応じて2-3日またはそれ以上前から中止するか、または利尿薬の服用量を減量してください。
以前に利尿薬での治療を行なっていた人のラミプレス5mgの服用量は、一般的に1.25mgです。

肝機能障害の人は、ラミプレス5mgに対する反応が増加するか減少するかのどちらかである可能性があります。
このような人の場合においては、充分な管理の下で服用してください。また1日最大服用量は2.5mgとします。

【うっ血性心不全】
通常、成人は1日1回1.25mgを経口服用します。
症状に応じて服用量を適宜増量してください。
服用量を増量する場合、1-2週間隔で倍増するのがよいとされています。
1日の服用量は2.5mgの場合は、1回で服用するか、分割服用してください。
1日の最大服用量は10mgまでとします。

利尿薬での治療を既に行なっている人では、ラミプレス5mgによる治療を開始する前に、利尿薬の作用期間に応じて2-3日またはそれ以上前から中止するか、または利尿薬の服用量を減量してください。

肝機能障害の人は、ラミプレス5mgに対する反応が増加するか減少するかのどちらかである可能性があります。
このような人の場合においては、充分な管理の下で服用してください。
また1日最大服用量は2.5mgまでとします。

【心筋梗塞後】
通常、成人は1回2.5mgを朝晩2回経口服用してください。
万一、この服用量が適さない場合は、1回1.25mgを1日2回服用してください。
症状に応じて服用量を適宜増量してください。
服用量を増量する場合、1-3日間隔で倍増するのがよいとされています。
初めのうちは分割服用しますが、その後は一度で服用してください。
なお1日最大服用量は10mgまでとします。


商品詳細

ラミプレス5mgは、高血圧治療、利尿薬と併用によるうっ血性心不全治療、心筋梗塞後の死亡リスクを下げるために使用される薬で、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬です。

心臓が血液を全身に送り出す際の圧力が基準値よりも高い状態のことを高血圧と言い、「収縮期血圧130mmHg未満・拡張期血圧85mmHg未満」を超えた状態のことを指します。
高血圧の人の8割は原因不明とされ、そのうち約4割が遺伝、ほかに生活習慣が深く関わっていると言われていますが、喫煙、肥満、過労、睡眠不足などは特に高血圧を引き起こしやすく、さらに日本人の場合はその食習慣から塩分を多く摂り過ぎる傾向にあり、これもまた高血圧に結びついていると考えられています。
高血圧の主な症状にはめまい、動悸、頭痛、肩こりなどが挙げられます。
しかし基本的には自覚症状が何もない事が多く、またこれらは高血圧特有の症状ではないため、知らず知らずのうちに血管や臓器に損傷が起こり、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの合併症を併発するおそれもあります。

うっ血性心不全は、心臓のポンプ機能が低下し、全身の組織が必要とする酸素を送り込むだけの充分な血液を供給できなくなる状態です。
全身に血液を送り出す力が弱くなると、肺から心臓へ血液が戻りにくくなるため肺に血液が溜まり、息苦しくなります。
また肺に血液を送り力が弱い場合は、全身から心臓に血液が戻りにくくなるために、肝臓や胃腸に血液がうっ血しやすくなり、食欲が減退したり、足がむくんだりしたりします。
その原因としては、冠状動脈の疾患、過去の心臓発作・心筋梗塞、高血圧、心筋症、先天的な心臓血管、心臓弁の感染などが挙げられ、そのほかの危険因子として喫煙、肥満、アルコールの過剰摂取、高脂肪食、高塩分食などがあります。

高血圧およびうっ血性心不全の治療は、心臓のポンプ機能を回復させ、心筋が充分に収縮することで全身の内臓器官に血液を送り届けることにあります。
一般的には禁煙、食事や生活の改善に加えて薬物治療が用いられますが、ラミプレス5mgは、血管を広げ、血圧を低下させるブラジキニンという物質の欠乏を防ぐアンジオテンシン変換酵素阻害薬と呼ばれる薬です。 
アンジオテンシンは昇圧作用を持つ生理活性物質のことで、I-IVまでの4種類があります。このうちアンジオテンシンIIは細動脈の血管収縮作用が強く、また副腎皮質からアルドステロンと言うホルモンの分泌を促進して体液量を増やす作用があり、その結果として血圧を上昇させる働きをします。
このアンジオテンシンIIはアンジオテンシンIがアンジオテンシン変換酵素の働きによって生成されますが、この過程を阻害してアンジオテンシンIIの合成を防ぐ働きを持つのがアンジオテンシン変換酵素阻害薬です。 
さらにアンジオテンシン変換酵素阻害薬はブラジキニンの生理作用を増強するという重要な働きもしています。 
ブラジキニンは血管拡張による血圧降下、毛細血管の透過性上昇によるむくみの発現、知覚神経刺激による強烈な発痛、内臓平滑筋の収縮作用を持ち、炎症部位、皮膚、消化管などの血流調節や、炎症の初期に重要な役割をしている物質です。

そのほかにもラミプレス5mgは、さまざまな臨床試験の結果から、服用により心筋梗塞後の死亡率を低下させる働きがあることも証明されています。


副作用

ラミプレス5mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

主な副作用
心筋虚血(狭心症、心筋梗塞、頻脈、不整脈、動悸、末梢浮腫など)、好酸球増多、白血球減少(好中球減少、顆粒球減少を含む)、赤血球減少、ヘモグロビン減少、血小板減少、骨髄機能不全、汎血球減少症、溶血性貧血、頭痛、めまい、知覚障害、無味覚、味覚障害、ふるえ、平衡障害、脳虚血(虚血性脳梗塞、一過性虚血性発作、精神運動スキル障害、灼熱感、嗅覚錯誤などを含む)、視覚障害(霧視を含む)、結膜炎、聴覚障害、耳鳴、乾性咳嗽、気管支炎、副鼻腔炎、呼吸困難、気管支けいれん(ぜんそく悪化、鼻閉を含む)、胃腸炎、消化障害、腹部不快感、消化不良、下痢、吐き気、嘔吐、すい炎、すい酵素増加、小腸血管性浮腫、上腹部痛(胃炎を含む)、便秘、口渇、舌炎、アフタ性口内炎、腎臓機能障害(急性腎不全、尿量増加、既存たんぱく尿悪化、血尿増加、血中クレアチン増加を含む)、丘疹性皮疹、血管性浮腫、そう痒、多汗症、剥脱性皮膚炎、じんましん、爪甲離床症、光線過敏、中毒性表皮剥離症、スティーブンス・ジョンソン症候群、多形性紅斑、天疱瘡、乾癬悪化、乾癬様皮膚炎、類天疱瘡または苔癬様発疹または粘膜疹、脱毛症、筋けいれん、筋肉痛、関節痛、血中カリウム増加、拒食症、食欲減退、血中ナトリウム減少、低血圧、起立時血圧低下、失神、顔面紅潮、血管狭窄症、低循環、血管炎、レイノー現象、胸痛、疲労感、発熱、無力症、アナフィラキシーまたはアナフィラキシー様反応、抗核抗体増加、肝酵素および/または抱合型ビリルピン増加、胆汁うっ滞性黄だん、肝細胞障害、急性肝不全、胆汁うっ滞性肝炎または細胞溶解性肝炎、一過性勃起性インポテンス、性欲減退、女性化乳房、憂鬱感、不安感、神経質、情動不安、睡眠障害(傾眠を含む)、錯乱状態、注意力散漫


特別な注意

以下の場合、ラミプレス5mgを絶対に服用しないでください。
・ラミプレス5mgの成分に対して過敏症の既往歴のある人
・血管神経性浮腫の既往歴のある人
・ひとつの腎臓の中の両側または片側に、血行動態的な腎動脈狭窄と関連のある人
・血行動態的に、左心室の流入または流出に障害のある人
・低血圧または血行動態が不安定な人
・妊娠中の人
・授乳中の人

ACE阻害薬使用による治療中に、特定のハイフラックス膜(ポリアクリロニトリル膜)を利用した透析中に、時としてショックに進展する命に関わるようなアナフィラキシー様過敏反応が報告されています。
ほかの膜を使用したり、ACE阻害薬を使用しない治療に変更するなどして、ラミプレス5mgとそのような膜(緊急透析または血液ろ過)の併用は避けてください。
また硫酸デキストランを使用した低密度リポたんぱくアフェレーシス療法においても同じような反応が見られているため、この方法はACE阻害薬で治療中の人に対して絶対に使用しないでください。

一般的に、ラミプレス5mgによる治療を開始する前に、脱水、血液量減少、塩類欠乏を正常にしておくことが推奨されています。
これらの条件が臨床的に意義がある場合、ラミプレス5mgによる治療は、過剰な血圧低下および腎機能低下を避けるために適切な手段が一斉に取られる場合に開始または継続する必要があります。

以下の場合は、好ましくない血圧の顕著な低下や腎機能の低下が起こる可能性があるため、ラミプレス5mgによる治療中は充分な観察が必要です。
・重篤な悪性高血圧の人
・重篤な、または抗高血圧的薬物による治療を受ける可能性のある心不全の人
・体液排出または塩類欠乏の人、またはこれらの症状が進行する可能性のある人
・血行動態的な腎動脈狭窄の人

急性の血圧低下限度の判断および的確な治療のため、ラミプレス5mgおよび利尿剤の初回服用後と服用量増量ごとに血圧を測定してください。

特に腎血管性疾患や既存の腎障害を持つ人、腎臓移植を受けた人では、治療開始の数週間後に腎臓機能検査を受けることが推奨されています。

血清カリウム検査を受けることが推奨されています。特に腎機能障害の人は頻繁に、またカリウム保持性利尿薬(スピロノラクトンなど)やカリウム塩を併用している人はより頻繁に検査を受けてください。

利尿剤との併用療法を行なっている人は、血清ナトリウムを定期的に検査してください。

白血球減少が起こる可能性があるため、白血球検査を受けることが推奨されています。
特に治療の初期段階の人や副作用が起こりやすい人はより頻繁に検査を受けるのがよいとされています。

ラミプレス5mgによる治療中は、妊娠をしないように注意してください。また妊娠を希望する場合はACE阻害薬による治療を中断してください。
万一、治療中に妊娠した場合は、妊娠3ヵ月以内にできるだけ早くACE阻害薬以外の治療に切り替えてください。

ラミプレス5mgの服用により血圧が下がることがあるため、服用中は自動車の運転など危険を伴う機械の操作には充分に注意してください。特に初回服用後またはアルコール服用後は顕著に現われます。