プロザック(フルオキセチン)20mg(28カプセル)

7050 円!! SSRI抗うつ剤!副作用を抑えた第3世代 超有名ブランド! 世界中で2,000万人以上が使用していると言われるが日本未認可! 依存性が低く軽度のうつ病によく利用!

Prozac (Fluoxetine) - 20mg (28 Capsules)

■ 28カプセル

7050 円

数 量 :   


 

有効成分

塩酸フルオキセチン/塩酸フロキセチン(Fluoxtine Hydrochloride)

 

製造国

フランス(ニュージーランド・オーストラリア市場向け)

 

製造元

Not Specific

使用量

食事はプロザックの吸収を1~2時間遅らせますが効果には影響がないので、服用は食後でも空腹時でもどちらでも問題ありません。

●うつ病:通常、成人はプロザックを塩酸フルオキセチンとして1日1回朝20mgの服用から開始し、数週間経過を見て、効果の見られない場合には少量ずつ増やし、最高1日80mgまで増量できます。
その場合、服用は朝1回でも朝昼2回に分けてもかまいません。
小児の場合、プロザックを塩酸フルオキセチンとして1日1回10mgか始め、数週間経過しても効果の見られない場合は20mgまで増量することができます。

●強迫性障害:通常、成人はプロザックを塩酸フルオキセチンとして1日1回朝20mgの服用から開始し、数週間続けて効果の見られない場合は少量ずつ、最高80mgまで増量することができます。(日60mgまでが望ましいとされていますが、80mgまでは許容範囲です。
その場合、服用は朝1回または朝・昼2回に分けて服用してください。
未成年・高体重児の場合、プロザックを塩酸フルオキセチンとして1日1回10mgから始め、数週間続けて効果の見られない場合は少量ずつ増量することができます。ただし最高でも60mgまでが望ましいとされていあmす。
低体重児童の場合、プロザックを塩酸フルオキセチンとして1日1回10mgから開始し、数週間続けて効果の見られない場合は少量ずつ増量することができます。ただし最高でも30mgまでが望ましいとされています。

●神経性過食症:プロザックを塩酸フルオキセチンとして、1日1回朝60mgを服用してください。

●パニック障害:プロザックを塩酸フルオキセチンとして1日1回朝10mgの服用から開始し、1週間後に20mgに増量します。数週間続けても効果の見られない場合は60mgまで増量することができます。

商品詳細

プロザックは、塩酸フルオキセチンを有効成分としたSSRI型抗うつ剤です。アメリカではイーライリリー社から発売されています。
プロザックの適用としては、うつ病・うつ状態の治療、強迫性障害の治療、神経性拒食症、パニック障害の治療などが対象になっています。

プロザックは最初のSSRI系の薬として1998年に発売され、イーライリリー社の大々的な宣伝効果、さらに「性格が明るくなる(性格改善)」、「頭がすっきりし回転が速くなる」、「自信が出る」といった「夢の薬」幻想の一人歩きも伴い、爆発的な広がりをみせました。

医師たちも、比較的軽度のうつ病患者に対しても積極的に用いたことから、世界中で2,000万人以上といわれる人が服用していると言われていますが、日本ではいまだに承認されていません。

なお、「性格が明るくなる(性格改善)」、「頭がすっきりし回転が速くなる」「自信が出る」といった効果を裏付ける個人の体験談は山のようにありますが、それらはあくまでも主観的な報告であり、それを裏付ける臨床試験は行なわれていないため、その効果の程は定かではありません。

プロザックの有効成分である塩酸フルオキセチンはSSRIと呼ばれる、選択的セロトニン再取り込み阻害薬ですが、これは脳内におけるセロトニンの再吸収を阻害することで、うつ病を治療する薬です。
うつ状態にある人は、脳内のシナプス間隙にあるセロトニンの濃度が少ないと考えられており、その状況を改善するために何らかの方法でセロトニン濃度を高める必要があります。
SSRIは、セロトニンの受容体に選択的に作用し、再取り込みを阻害することでセロトニン濃度を高めます。

この第三世代の抗うつ薬といわれるプロザックを含むSSRI系の薬は選択的に作用するために、三環系・四環系と呼ばれる第一・第二世代の抗うつ剤よりも副作用が少ないことが最も大きなメリットで、誰でも使いやすい抗うつ剤として、世界中で注目を集めました。

その後の研究によって月経前症候群についても適用が追加され、サラフェムという別の薬でも発売されています。

プロザックにおいては、自殺企図・自殺が副作用として報告されていますが、販売元であるイーライリリーは因果関係を否定しており、当局も注意喚起・警告・慎重投与に留めるに至っています。
元来うつ病患者には高い確率で自殺願望が見られますが、それを増幅させる作用があるかどうかは、解明に至っていません(臨床試験上「自殺者が1人いる」というだけでは、明確な副作用として記載することはできません)。
ですが、うつ病の治療において慎重な観察・薬物使用は当たり前のことであるため、自己判断をせず、必ず医師の診断を受けた上で使用することが、うつ病の治癒には大切です。

副作用

プロザックは第一世代、第二世代の抗うつ剤に対して、副作用が少ないことが大きな特徴のひとつとなっていますが、それでも、全く副作用が無いわけではありません。

プロザックによる一般的な副作用としては、発熱、吐き気、下痢、消化不良、嘔吐、頭痛、不眠、めまい、疲労感、性欲減退などが報告されています。ですが、いずれにおいても軽度の副作用で、使用するにつれて軽減されると考えられています。

また、重度の副作用としては脳結果故障、血小板欠乏症、言語障害、胃腸出血などが報告されていますが、いずれも因果関係が明確になっていません。ただし、こうした症状は服用を中止することで治癒します。

特別な注意

重度の腎不全患者はプロザックの服用が禁止されています。

プロザックは、副作用が弱く、軽度のうつ病患者にも使用できるようになっています。しかし、誰にでも使用できるということが、誰にでも効果があるわけではありません。臨床試験においては、3割の人に期待される効果が発現しなかったという報告もあります。これは患者の症状・体質などによる相性の問題がかかわってきます。
プロザックの使用においては、効果の有無を慎重に観察し、医師との相談において使用の継続・中止などを決定して下さい。

 


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただき、ご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし、当商品についてよく理解した上で、適量をご自分の責任において使用してください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が生じたとしても、用量にかかわらず救済対象とはならず、その制度からの保障を受けることはできません。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましても、当店ではお返事できませんので、悪しからずご了承ください。