プラケニル/プラキニル (ハイドロキシクロロキン) 200mg 100錠

3590 円!! 抗マラリア薬。関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの自己免疫疾患などにも効果あり。

Plaquenil (Hydroxychloroquine Sulfate) - 200mg (100 Tablets)

■ 100錠

3590 円


ご注文数量 単価
2 以上 3470 円
6 以上 3370 円
11 以上 3270 円
   

【現在、在庫切れとなっています】


 

有効成分

ハイドロキシクロロキン(Hydroxychloroquine Sulfate)

 

製造国

ニュージーランド

 

製造元

Sanofi-Aventis

使用量

※必ず医師と相談の上、用量・用法を決定して下さい。

【マラリア(治療と症状の調整)】 
通常・成人1週2錠を服用して下さい。 
その際、必ず同じ曜日に服用する様心掛けて下さい。

【関節リウマチ】 
通常・成人1日2-3錠(400-600mg)を服用して下さい。

【全身性エリテマトーデス(SLE)、円板状エリテマトーデス(DLE)】 
通常・成人1日2-4錠(400-800mg)を服用して下さい。


商品詳細

プラケニル(またはプラキニル)200mgは、もともとマラリアの治療薬として米国食品医薬品局(FDA)により1955年に認可され、アメリカやイギリスで使用されています。 
現在ではマラリアの治療だけでなく主に関節リウマチ、全身性エリテマトーデス(SLE)、円板状エリテマトーデス(DLE)の症状へも有用な事が分かっており、それらの治療薬としても使用されています。

**マラリア**
マラリアは、熱帯から亜熱帯に広く分布する原虫感染症です。 
マラリア原虫は、ハマダラカと言う名前の蚊を宿主として有性生殖によって増殖し、ハマダラカの唾液腺に集まります。 
このマラリア原虫の宿主になったハマダラカに吸血される際に、蚊の唾液と一緒に大量のマラリア原虫がヒトを含む動物の体内に流れ込む事で感染します。 
マラリア原虫は血液を経由し、肝細胞の中で成熟増殖した後細胞を破壊して赤血球に侵入します。 
その症状は、高熱や頭痛を伴い、悪性の場合は意識障害や腎不全を引き起こし死亡する場合もあります。

**関節リウマチ**
関節リウマチは、自己免疫が主に手足の関節を侵すことで、関節痛や関節の変形が生じる炎症性自己疾患で、初期には「朝のこわばり」と呼ばれる手を握る動作が困難になる硬直状態があらわれます。 
このこわばりの度合いは日によって異なり、軽い場合は数分で治まる場合もありますが、ひどい場合は何も握る事ができないほどのこわばりが長時間続くため、日常生活に支障をきたします。 
また、症状が進行するとそのうちに関節痛が起こるようになり、手の指の関節(特に近位指節間関節)や足の指の関節が侵され徐々に手首・肘・膝など体の中心に近い大きな関節の痛みを感じるようになります。 
関節痛がある時、その箇所を動かす動作で更に強い痛みを感じるため、自然とその関節を動かさない様になり、しいては全身倦怠感や易疲労感を伴うようになります。

関節痛が進行すると、関節そのものが変形して関節にある滑膜細胞が増殖します。 
さらに軟骨が破壊され、骨にはびらんが生じ、最終的には関節構造自体が破壊され機能しなくなるため骨と骨が直接接した強直という状態に至ります。 
炎症自体も治まり痛みを感じなくなり、スワネック変形あるいはボタン穴変形と呼ばれる典型的な関節リウマチの変形をきたします。 
その他、強直より頻度は低いとされていますが、関節が破壊されてしまった部位がぶらりぶらりとした状態になることもありますが、これはムチランス破壊と呼ばれています。 
また、その他の部位には、眼(シェーグレン症候群)・呼吸器(間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群、リウマチ結節など)・心臓(心臓炎など)・消化管(AAアミロイドーシスなど)、腎臓・皮膚・血液(フェルティ症候群など)に、様々な疾患や合併症を起こす場合もあり全身臓器に障害が及びます。 
関節リウマチには女性の有病者が多いと言われています。

**全身性エリテマトーデス(SLE)、円板状エリテマトーデス(DLE)**
全身性エリテマトーデスは、関節・腎臓・粘膜・血管壁に起こる慢性の炎症性結合組織疾患で、 
原因不明の病気です。 
免疫異常によって、免疫が自身の体を攻撃してしまう膠原病の一つで、厚生省の特性疾患・難病に指定されています。 
稀に、ある種の心臓疾患治療薬や結核治療薬を使用した際に、薬剤誘発性・全身性エリテマトーデスを発症する事がありますが、薬剤を中止すれば徐々に消失します。 
その症状として特徴的なのは蝶形紅班と呼ばれる頬から鼻にかけてかかる丘疹状の紅斑を始め、口内炎、発熱、易疲労感、内臓疾患など多岐にわたる症状を現します。 
また、合併疾患を併発する事も多くあり、一般的に膠原病・抗リン脂質抗体症候群・シェーグレン症候群・皮膚筋炎・多発性筋炎・全身性強皮症などを引き起こしやすい傾向があります。

一方、円板状エリテマトーデス(DLE)は、皮膚のみに隆起した円形の皮疹が病変として現れ、鱗状に角質上皮がはがれたり、病変部位が瘢痕化したり、脱毛を生じます。 
一般的には軽症ですが、患者全体の約10%は全身性エリテマトーデスの症状を呈し、関節・腎臓・脳に及びます。

プラケニル(またはプラキニル)200mgの有効成分・ハイドロキシクロロキンはマラリアにおいては特効薬とされているリン酸クロロキンと同様、赤血球内で増殖している三日熱マラリア原虫及び四日熱マラリア原虫や、ハマダラカ体内で有性増殖する生殖細胞以外の熱帯熱マラリア原虫に効力を発揮すると言われている抗マラリア薬です。

ハイドロキシクロロキンは赤血球を出たマラリア原虫に対する効力はないため、三日熱マラリアや四日熱マラリアの再発を抑える作用はなく、感染予防としての効力もないとされています。 
しかし、三日熱マラリアや四日熱マラリアにおいては急激な高熱症状を鎮静させたり、症状が再発する周期性を延長させる作用に優れているため、病状の抑制に非常に効果があるとされています。 
また、熱帯性マラリアにおいては、耐性のあるもの以外においては、急激な高熱症状の発症を抑え、感染を完治する効果があると言われています。

また炎症を起こしている関節における免疫機能の過剰な働きを抑制する作用が認められることから、DMARDs(Disease-Modifying Anti-Rheumatic Drugs)と称される抗リウマチ薬にも属するとされています。 
この作用により病状の進行が遅らせられることになり、また関節における炎症を抑え、それに伴う腫れや痛みを緩和するとされています。
しかし、関節リウマチによって生じた関節部の損傷を元に戻す作用はありません。 
一般にハイドロキシクロロキンのようなDNARDsは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)では充分な効果が認められない場合に処方されます。NSAIDsのような即効性はなく、効果が現われるまではしばらく時間が必要とされています。

さらに、このような免疫機能を過剰に抑える作用から全身性エリテマトーデスにも効果があるとされ、円板状エリテマトーデスや日光に当たることによって発症、増悪する皮膚疾患にも効力があるとされています。


副作用

プラケニル(またはプラキニル)200mgを使用している間、以下の様な症状を感じる方が居ます。 
該当する、もしは不快な症状や気になる症状がある場合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。

・主な副作用 
吐気、むかつき、悪心、嘔吐、下痢、痙攣性腹痛、筋力減退、眩暈、耳鳴り、頭痛、神経過敏、緊張、皮膚の炎症、発疹、発赤、脱毛 
※もし、服用前から乾癬の症状がある方は、皮膚炎の副作用が現れやすい可能性があります。

・重大な副作用 
視覚障害※、難聴、発熱、ひどい悪寒、痣、咽頭・咽喉痛、口内炎

 ※網膜障害(ヒドロキシクロロキン網膜症)
 初期は中心周囲の視野障害→進行すると視力低下,重篤な 視野障害を生じ,薬を中止しても回復しない。


特別な注意

以下項目に該当する方、または既病歴のある方はプラケニル(またはプラキニル)200mgを使用しないで下さい。 
・有効成分・ハイドロキシクロロキンにアレルギー症状が出る 
・マラリア薬やリウマチ薬を服用し、視力に影響があった方 
・眼の疾患 
・クロロキン耐性マラリア 
・肝疾患 
・腎疾患 
・胃腸疾患 
・脳疾患 
・血液疾患 
・痒みを伴う皮膚疾患(乾癬) 
・ポルフィリン症 
・グルコース6リン酸デヒドロゲナーゼ欠乏症 
・妊婦、授乳中、妊娠している可能性がある 
・乳幼児、6歳以下の小児 
・高齢者

その他 
・例え同じ症状であっても、他者へ与えないで下さい。 
・小さなお子様の手の届かない場所に保管して下さい。 
・6歳以上の小児であっても医師の指導なしに長期間使用しないで下さい。 
・定期的に血液検査を受け経過を観察して下さい。 
・極めて稀に視覚障害を起こす恐れがあります。定期的に眼科検診を受けて下さい。 
また、プラケニル(またはプラキニル)の投与中、外出時はサングラスの着用が推奨されています。 
・プラケニル(またはプラキニル)を使用している間、視覚や視力に違和感を生じる場合がある為、車等の運転や精密な機械や高所での作業に十分注意して下さい。