ピルフェネックス(ピルフェニドン)200mg (2 x 15錠)

3380 円!! ピレスパのジェネリック
肺の炎症によって引き起こされる特発性肺線維症の治療薬。呼吸困難や息切れ、せき、痰などの症状の進行を抑制。

Pirfenex 200mg (Pirfenidone) - 200mg (2 x 15 Tablet)

■ 2x15錠

3380 円


ご注文数量 単価
2 以上 3200 円
6 以上 3030 円
11 以上 2980 円
   

数 量 :   


 

有効成分

ピルフェニドン(Pirfenidone)

 

製造国

インド

 

製造元

Cipla

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。 
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1回200mgを1日3回、食後に経口服用します。
その後、症状に応じて1回600mgを1日3回服用まで徐々に増量します。

●推奨される増量方法
・1日200mgを1日3回2週間服用し、その後、1回分を200mgずつ徐々に増量し、最終的に1回600mgを1日3回服用まで増量します。
・胃腸症状、体重減少の症状が現われた場合は減量または服用を中止してください。ただし症状が増加する場合は、1回400mgを1日3回服用するようにしてください。


商品詳細

ピルフェネックス200mgは、特発性間質性肺炎の中ではもっとも多く、また予後不良の疾患である特発性肺線維症(IPF)の治療薬です。

肺の構造はよくスポンジに例えられるように、肺胞と呼ばれる直径0.1-0.2ミリほどの小さな袋がブドウの房のように集まっています。空気中の酸素を吸い込むと気道を通じて肺胞に至り、その壁の毛細血管から血液中に取り込まれると同時に二酸化炭素を血液中から取り出す、ガス交換という働きが肺の主な役割です。何らかの原因でこの肺胞の壁や周囲に炎症が起こった状態が間質性肺炎で、日本では難病に指定されています。中でも原因不明で起こる間質性肺炎を特発性間質性肺炎と呼びます。

炎症により肺胞の壁や周囲に傷ができるとコラーゲンなどの物質が産生され、その傷ついた部分を修復しようと働きかけるために次第に肺胞壁が厚く、硬くなります。すると、肺胞壁の毛細血管に酸素が取り込まれにくくなるだけでなく、肺がふくらまなくなり、その結果として、わずかな動きでも起こる息苦しさや呼吸困難、せきなどを引き起こし、さらに進行するとその部分は肺としての機能を果たさなくなります。この状態が肺線維症です。

特発性間質性肺炎のうち約半数が肺線維症で、さらにその約半分が原因不明で起こる特発性肺線維症だと言われています。特定の原因は解明されていないものの、特発性肺線維症は50歳以上で発症することが多く、また女性よりは男性が多い傾向にあり、その危険因子として喫煙が関係していると考えられています。

特発性肺線維症は、治癒が困難な慢性の進行性疾患であるため、症状の改善にはいたらないまでも、悪化を阻止することが治療の目標となります。
ピルフェネックス200mgは、この特発性肺線維症の進行を食い止める薬です。有効成分のピルフェニドンは、特定の細胞に情報を伝達するたんぱく質であるサイトカインに働きかけることでその作用を発揮します。
例えば、ピルフェニンドンは、炎症の発症に関与している炎症性サイトカインの産生を抑制すると同時に、抗炎症性サイトカインの産生を亢進して炎症を抑えるほか、線維化形成に関係している増殖因子を抑制するなど各種サイトカインや増殖因子に対する産生調節作用を持ち、さらに線維芽細胞増殖抑制作用やコラーゲン産生抑制作用など、複合的な働きをすることで線維化の進行を抑えると考えられています。

なおピルフェニドンには、光を吸収して生体に効果をおよぼす光感作物質と呼ばれる性質があり、それが光線過敏という症状を引き起こすことが知られています。これは限られた人にだけではなく、ある量以上の薬剤、一定量以上の紫外線曝露で誰にでも起こり得る反応(光毒性反応)で、その症状はひどい日焼けの状況と似ています。

太陽光線のうち地球上に届くのは300nm以上の光線で、そのうちピルフェニドンで光線過敏症を起こす波長は340nmあたりまでの波長であるため、ピルフェニドンによる治療中は、その波長域の完全な遮光が必要となります。


副作用

ピルフェネックス200mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
光線過敏症、発疹、食欲不振、胃不快感、吐き気、下痢、胸やけ、眠気、めまい、ふらつき、そう痒、紅斑、湿疹、扁平苔癬、腹部膨満感、嘔吐、便秘、逆流性食道炎、口内炎、腹部不快感、腹痛、口唇炎、動悸、頭痛、頭重、口唇びらん、γ-GTP上昇、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、Al-P上昇、LDH上昇、倦怠感、ビリルビン上昇、白血球増加、好酸球増加、体重減少、発熱、味覚異常、筋骨格痛、ほてり、血小板減少

●極稀に起こる重篤な副作用
肝機能障害、黄だん、無顆粒球症、白血球減少、好中球減少

特別な注意

以下の場合、ピルフェネックス200mgを絶対に服用しないでください。
・ピルフェネックス200mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人

【警告】
・ピルフェネックス200mgの使用にあたっては、光遺伝性試験において染色体構造異常を示し、光暴露に伴う皮膚の発ガンの可能性があることを充分に理解した上で服用を開始してください。
・ピルフェネックス200mgの使用は、特発性肺線維症の治療に精通している医師のもとで行なってください。

【慎重服用】
・肝機能障害のある人: 肝機能障害を悪化させるおそれがあります。
・腎機能障害のある人
・高齢者: 生理機能が低下しているので、慎重に使用してください。

【重要な基本的注意】
・光線過敏症が現われることがあり、また光暴露に伴う皮膚の発現の可能性があるため、使用にあたっては事前に以下の点について充分に理解してください。
1.外出時には長袖の衣服、帽子などの着用や日傘、日焼け止め効果の高いサンスクリーン(SPF50+、PA+++)の使用により、紫外線に当たることを避けるなど、光暴露に対する防護策を講じてください。
2.発疹、そう痒などの皮膚の異常が認められた場合には、速やかに医師に連絡してください。
・眠気、めまい、ふらつきが起こることがあるので、ピルフェネックス200mgを服用中の人は、自動車の運手など危険を伴う機械の操作に従事しないように注意してください。
・AST(GOT)、ALT(GPT)などの上昇を伴う肝機能障害、黄だんが現われることがあるので、ピルフェネックス200mgの服用中は定期的に検査を行ない、状態を充分に観察してください。

【用法・用量に関連する使用上の注意】
・ピルフェネックス200mgは初期用量として1回200mg(1日600mg)から開始し、2週間を目安に1回200mgずつ漸増し、1回600mg(1日1800mg)で維持することが望ましいとされています。
・胃腸障害などの発現時には必要に応じて減量または休薬を検討してください。なお症状が軽減した場合、1に従い漸増し、維持用量の目安を1回400mg(1日1200mg)以上とすることが望ましいとされています。
・食後服用と比べ空腹時服用では、ピルフェネックス200mgの血漿中濃度が高値を示し、副作用が現われるとのおそれがあるので、食後に服用してください。

妊婦または妊娠している可能性のある人は、服用しないことが望ましいとされています。

授乳中の人は、ピルフェネックス200mg服用中は授乳を避けてください。

低出生体重児、新生児、乳児、幼児または小児に対する安全性は確立していません。


 


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただき、ご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし、当商品についてよく理解した上で、適量をご自分の責任において使用してください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が生じたとしても、用量にかかわらず救済対象とはならず、その制度からの保障を受けることはできません。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましても、当店ではお返事できませんので、悪しからずご了承ください。