【要薬監証明】ミニリン0.1mg (デスモプレシン/バソプレシン)30錠

6320 円!! 夜尿症治療薬。健忘症・麻薬常用による記憶喪失などの治療薬としても用いられています。

こちらの商品の個人輸入には、令和2年9月1日以降、薬監証明に代えて輸入確認証を取得していただくことになりました。詳細については、申請先の厚生局(厚生労働省の地方支分部局)へお問い合わせください。地方厚生(支)局所在地一覧

Minirin (Desmopressin Acetate) - 0.1mg (30 Tablets)

■ 30錠

6320 円


ご注文数量 単価
2 以上 6170 円
   

【現在、在庫切れとなっています】


 

有効成分

酢酸デスモプレシン(Desmopressin)

 

製造国

スイス

 

製造元

Ferring GmbH

使用量

-6歳以上の小児・成人-
1日3回1錠(100μg)を服用 します。
効果に応じて1日3回2錠(200μg)まで増量できます。

-夜尿症の場合-
成人・1回2錠(200μg)を就寝前に服用 します。
効果に応じて1回4錠(400μg)まで増量できます。


商品詳細

ミニリン0.1mgは、排尿回数を抑える働きがあるバソプレシン/バソプレッシンと呼ばれるペプチドホルモンを有効成分とする薬で、主に大量の尿が排出されてしまう病気(中枢性尿崩症・夜尿症等)や潜在性糖尿病の治療薬として用いられています。 
また、回想や集中力を強化し、急速に短期間の記憶を向上させ、記憶の痕跡が増加される働きがあるとされることから、健忘症・麻薬常用による記憶喪失などの治療薬としても使用されています。

このバソプレシン/バソプレッシンには意識の流れからいくつかの情報を選択し、この情報をまずひとつのイメージや概念に置き変えることによって、電気化学的インパルスから化学的に記号化された長期記憶に変える働きがあるとされています。
そのため、ある出来事の前にバソプレシン/バソプレッシンを摂取すると、明晰さの向上、細部への注意力の向上、短期記憶の改善、記憶の刻印付けが改善され、後でその出来事についてはるかに詳しい細部まで思い出すことができるようになると考えられています。

なおバソプレシン/バソプレッシンを集中力・記憶力改善を目的としたスマートドラッグとして使用する場合、過剰に摂取するとその抗利尿作用により体内の水分の排出ができなくなり、最悪の場合は死に至ることもあるため、使用には充分な注意が必要です。


副作用

ミニリン0.1mgを使用している間、以下項目に該当する、もしくは、不快な症状や気になる症状がある場合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。

主な副作用 
・水中毒(体がだるい、頭痛、吐気、嘔吐、悪心)、意識混濁、判断力低下、けいれん、めまい、頭痛、視力低下、大きく深い呼吸、手足の震え、精神混乱、意識喪失

重大な副作用 
・脳浮腫、昏睡、けいれん、重度の水中毒


特別な注意

以下項目に該当する方はミニリン0.1mgを使用しないで下さい。 
・有効成分・デスモプレシン酢酸塩にアレルギー症状が出る方

以下項目に該当する方、または既病歴がある方はミニリン0.1mgを使用する際、医師と相談して下さい。 
・高血圧を伴う循環器障害、動脈硬化症、肝動脈血栓症、狭心症 
・下垂体前葉不全 
・妊婦・授乳中・妊娠している可能性がある 
・乳幼児、6歳以下の小児

その他 
・水分を取り過ぎた場合は、ミニリン0.1mgを使用しないで下さい 
・発熱・喘息などの水分を多く取る必要のある病気の方は、水分の取り過ぎに充分に注意して下さい 
・体がだるい・頭痛・吐気・嘔吐など、水中毒と思われる症状が現れた場合は、使用を中止して医師の診断を受けて下さい 
・医師の受診を受ける場合、またはほかの薬を併用する必要がある場合は、必ずミニリン0.1mg を使用している旨を伝えて下さい