フィマンタ 60 (フィマサルタン) - 60mg

1900 円!! フィマンタ60mgは、高血圧や心臓病の治療に用いられるお薬です。主成分としてフィマサルタンを配合しており、アンギオテンシン変換酵素阻害薬に分類されています。韓国ではKANARBという名前で販売されていますが、日本ではまだ治験段階です。

Fimanta 60 (Fimasartan) - 60mg (3 x 10 Tablets)

■ 3 x 10 錠

1900 円


ご注文数量 単価
2 以上 1820 円
   

数 量 :   


 

有効成分

フィマサルタン(Fimasartan)

 

製造国

インド

 

製造元

Ajanta Pharma Ltd.

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。

実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。


食前食後は関係なく服用することができます。ただし血中濃度を一定にするために、できるだけ同じ時間に服用するのがおすすめです。服用するときは噛んだりつぶしたりせず、お水でそのまま服用してください。


商品詳細

フィマンタ60mgは、韓国の降圧剤市場で大きなシェアを占めているアンギオテンシンⅡ阻害薬です。血圧を下げる医薬品にはこの他に、ACE阻害薬や利尿薬なども使用されます。これらのお薬がどのようにして血圧を下げるのかを知るために、まずは血圧が上昇するメカニズムについて解説します。


血圧は血管を通る血液量が増えたり、血管が収縮して血液が通る道が狭くなったりすると上昇する仕組みです。この血液量や血管の収縮に大きく関与しているものとして、レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系と呼ばれる一連のカスケードが知られています。


腎臓の傍糸球体細胞から分泌されたレニンが、アンギオテンシノーテンをアンギオテンシンⅠにまず変換します。変換されたアンギオテンシンⅠは、キニナーゼというアンギオテンシンⅠ変換酵素によってさらにアンギオテンシンⅡへと変換されていくのが、カスケードの一連の流れです。少々ややこしいかもしれませんが、レニンやアンギオテンシンⅠ変換酵素の働きによってできたアンギオテンシンⅡが血圧に大きく関与します。


アンギオテンシンⅡは血管を収縮させる働きを持っているのです。血管が収縮すると、血液の通り道が狭くなるため、心臓がより強い力で血液を押し出さないと循環しなくなってしまいます。水を流しているホースをつまむと圧がかかって水が勢いよく出るように、血管も狭まると必要以上の力が必要なのです。


さらにアンギオテンシンⅡは、副腎皮質からアルドステロンを分泌させる働きも持っています。アルドステロンは血液量を増やす働きがあるため、結果としてこちらも血圧上昇につながってしまうのです。


フィマンタ60mgは血圧上昇に大きく関与しているアンギオテンシンⅡを作るために必要な、アンギオテンシンⅠ変換酵素の働きを阻害します。そうすることでアンギオテンシンⅡが作られなくなるため、血管を収縮したり血液量を増やしたりするのを抑制し、血圧を下げることができるのです。


カプトプリルやエナラプリルなどに代表されるACE阻害薬は、アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬のことで、アンギオテンシンⅡが受容体に結合して血液量を増加させたり血管を収縮させたりするのを防ぐ医薬品です。利尿薬は単純に水分を外に出すことで血液量を減らし、心臓の負担を助けて血圧を下げます。


副作用

めまい、背部痛、副鼻腔炎、血中カリウム濃度の上昇


特別な注意

腎臓病や肝臓病がある方はフィマンタ60mgを服用前に必ず医師の判断をあおいでください。フィマンタ60mgの血中濃度が必要以上に上がり、副作用が起こりやすくなる可能性があります。


・妊娠中や妊娠の可能性がある方は、医師に相談の上ご使用ください。


・授乳中の方は、フィマンタ60mgが乳汁中へ移行するおそれがあるため、授乳中でも服用が可能かどうか、医師へ相談の上ご使用ください。


・フィマンタ60mgを服用中にアルコールを飲むことの安全性はまだ確立されていません。


・めまいなどの副作用が起こるため、乗り物の運転をされる方は医師に相談の上ご使用ください。


・フィマンタ60mgを飲みはじめて最初の数日は、めまいが起こる可能性があります。急に立ち上がるとめまいを起こしやすいので、ゆっくり立ち上がるなどして過ごしてください。


・フィマンタ60mgを服用中は血中尿素やクレアチニン、カリウム値の変動を定期的に検査してください。


・イブプロフェンなどの抗炎症薬とは併用できません。


 


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただき、ご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし、当商品についてよく理解した上で、適量をご自分の責任において使用してください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が生じたとしても、用量にかかわらず救済対象とはならず、その制度からの保障を受けることはできません。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましても、当店ではお返事できませんので、悪しからずご了承ください。