エスシタロプラム(シュウ酸エスシタロプラム)10mg

920 円!! 【販売終了】レクサプロのジェネリック
うつ病をはじめ、強迫障害、全般性不安障害、社会不安障害などの気分障害などに有効なSSRI。

Escitalopram (Escitalopram Oxalate) - 10mg

■ 28錠

920 円

申し訳ございません、こちら入荷未定商品となっております。


 

有効成分

シュウ酸エスシタロプラム(Escitalopram oxalate)

 

製造国

ニュージーランド

 

製造元

Airflow

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。 
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、1日10mgを経口服用します。
症状などにより1日20mgまで増量できます。

・高齢者の推奨服用量は1日10mgです。
・肝臓に障害のある人は、最初の2週間は1日5mgを服用し、その後1日10mgまで増量するのが好ましいとされています。


商品詳細

エスシタロプラム10mgは、SSRI(選択的セロトニン取り込み阻害薬)と呼ばれる薬で、うつ病およびうつ状態をはじめ、強迫障害(OCD)、全般性不安障害(GAD)、社会不安障害(SAD)などの気分障害を改善する働きを持っています。

うつ症状は、気分の落ち込み、意欲低下、不安などの精神的な症状や、睡眠障害、全身倦怠感、疲労感といった身体的症状が現われることによって、日常生活に影響を与える状態が少なくとも6ヵ月以上続く状態です。また時には、自分が他人に迷惑をかけている、自分は無価値な人間だ、といったような悲観的、自己否定的な不合理な思考から自殺願望や自殺企画を抱くようになることから、自殺との関連も指摘されています。

現在、うつ病の発症原因として考えられている最も有力な説は、モノアミンと呼ばれる脳内の神経伝達物質の働きが欠乏などによって不足し、これが原因となってうつ病を発症させるとするモノアミン仮説です。 
モノアミンのうち、ノルアドレナリンは脳を覚醒、活性化させ、集中力ややる気を高める働きをし、セロトニンは精神安定作用のほか、性機能および性欲、食欲、睡眠、記憶、学習、体温調節、社会活動などをも管理しているとされている神経伝達物質です。
脳内で分泌されたモノアミンは、神経細胞終末にあるシナプスと呼ばれる神経細胞結合部から放出された後、それぞれの情報の受け手である受容体と結合して情報を伝達します。ところが実際はその大半が受容体と結合せずに、トランスポーターと呼ばれる輸送体から再利用のために神経細胞内に取り込まれ、その後に神経伝達能力を終焉させられてしまうため、結果として脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が減少します。 
脳内のセロトニンが減少し、その作用が充分に発揮されなくなると、不安、落ち込み、焦燥感といった気分障害が引き起こされ、さらにノルアドレナリンの減少は気分や行動力の減退につながります。

このセロトニンを取り込むトランスポーターに結合し、特異的に遮断することによってトランスポーターのセロトニンの再取り込み機能を阻害するのがエスシタロプラム10mgです。有効成分のシュウ酸エスシタロプラムは、選択的なセロトニン(5-HT)再取り込み阻害作用を示し、脳内での細胞外5-HT濃度を持続的に上昇させることにより、5-HT神経系を賦活化し、抗うつ作用を示すと考えられています。
また既存のSSRIに比べてセロトニン再取り込み阻害の選択性が高く、ノルアドレナリンやドパミンの再取り込み阻害作用が相対的に弱いものと考えられているため、SSRIで見られる副作用のうち、ノルアドレナリンの再取り込み阻害に基づく低血圧、頻脈、振戦、睡眠障害、またドパミン再取り込み阻害に基づく鎮静、悪心、低血圧などが軽減できるのではないかと期待されています。

なおSSRIは不安を抑える作用が強いことから、抑うつ症状以外にも強迫性障害、パニック障害、社会恐怖、外傷後ストレス障害などのほか、月経前不機嫌性障害、摂食障害、慢性疼痛の治療にも使用されることがあります。


副作用

エスシタロプラム10mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
倦怠感、無力症、異常感、熱感、発熱、疲労、体重増加、体重減少、むくみ、発疹、湿疹、じんましん、そう痒、アナフィラキシー反応、血管浮腫、頭痛、傾眠、浮動性めまい、あくび、不眠症、体位性めまい、感覚鈍麻、易刺激性(いらいら感、焦燥)、睡眠障害、異常夢(悪夢を含む)、激越、不安、錯乱状態、そう病、落ち着きのなさ、錯覚感(ぴりぴり感など)、ふるえ、性欲減退、歯ぎしり、パニック発作、アカシジア、精神運動不穏、失神、幻覚、神経過敏、離人症、ジスキネジー、運動障害、無オルガズム症、悪心、腹部不快感、下痢、口渇、食欲減退、腹部膨満、腹痛、嘔吐、便秘、胃炎、食欲亢進、動悸、起立性低血圧、QT延長、頻脈、徐脈、赤血球減少、ヘマトクリット減少、ヘモグロビン減少、白血球増加、血小板増加、血小板減少、鼻出血、出血傾向(斑状出血、消化管出血など)、AST(GOT)・AST(GPT)・Al-P・γ-GTP・ビリルビンの上昇などの肝機能検査値異常、肝炎、関節痛、筋肉痛、肩こり、こわばり、排尿困難、頻尿、尿たんぱく陽性、射精障害、勃起不全、尿閉、持続勃起症、不正出血、月経過多、耳鳴、多汗症、回転性めまい、味覚異常、脱毛、コレステロール上昇、血中ナトリウム低下、乳汁漏出、視覚異常、散瞳、副鼻腔炎

●極稀に起こる重篤な副作用
けいれん、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、セロトニン症候群


特別な注意

以下の場合、エスシタロプラム10mgを絶対に服用しないでください。
・エスシタロプラム10mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人
・モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤を服用中あるいは服用中止後14日間以内の人
・ピモジドを服用中の人

【慎重服用】
・不整脈またはその既往歴のある人、先天性QT延長症候群の人またはQT延長を起こすことが知られている薬剤を服用中の人、うっ血性心不全、低カリウム血症の人: エスシタロプラム10mgの服用によりQTが延長する可能性があります。
・肝機能障害のある人: エスシタロプラム10mgのクリアランスが低下し、血中濃度が上昇するおそれがあります。
・高度の腎機能障害のある人: エスシタロプラム10mgのクリアランスが低下し、血中濃度が上昇するおそれがあります。
・自殺念慮または自殺企図の既往のある人、自殺念慮のある人: 自殺念慮、自殺企図が現れることがあります。
・躁うつ病の人: そう転、自殺企図が現れることがあります。
・脳の器質的障害または統合失調症の素因のある人: 精神症状が増悪することがあります。
・衝動性が高い併存障害を有する人: 精神症状が増悪することがあります。
・てんかんなどのけいれん性疾患またはこれらの既往歴のある人: けいれん発作を起こすことがあります。
・出血の危険性を高める薬剤を併用している人、出血傾向または出血性素因のある人: 出血傾向が増強するおそれがあります。
・高齢者
・小児

【重要な基本的注意】
・うつ症状を呈する人には希死念慮があり、自殺企図のおそれがあるので、このような人は服用開始早期ならびに服用量を変更する際には状態および病態の変化を注意深く観察してください。
・不安、焦燥、興奮、パニック発作、不眠、易刺激性、敵意、攻撃性、衝動性、アカシジア/精神運動不穏、軽そう、そう病などが現れることが報告されています。また因果関係は明らかではありませんが、これらの症状・行動を来たした症例において、基礎疾患の悪化または自殺念慮、自殺企図、他害行為が報告されています。状態および病態の変化を注意深く観察するとともに、これらの症状の増悪が観察された場合には、服用量を増量せず、徐々に減量し、中止するなど適切な処置を行なってください。
・自殺目的での過量服用を防ぐため、自殺傾向が認められる人が服用する場合は、1回分の処方日数を最小限にとどめてください。
・家族などに自殺念慮や自殺企図、興奮、攻撃性、易刺激性などの行動の変化および基礎疾患悪化が現れるリスクなどについて充分理解してください。
・眠気、めまいなどが現れることがあるので、エスシタロプラム10mgを服用中の人は、自動車の運転など危険を伴う機械を操作する際には充分注意してください。
・服用注意(突然の中止)により、不安、焦燥、興奮、浮動性めまい、錯感覚、頭痛および悪心などが現れることが報告されています。服用を中止する場合には、突然の中止を避け、状態を観察しながら徐々に減量してください。

【その他の注意】
・海外で実施された大うつ病性障害などの精神疾患を持つ人を対象とした、エスシタロプラムを含む複数の抗うつ剤の短期プラセボ対照臨床試験の検討結果において、24歳以下の人では、自殺念慮や自殺企図の発現リスクが抗うつ剤服用群でプラセボ群と比較して高かったとの報告があります。なお、25歳以上の人における自殺念慮や自殺企図の発現リスクの上昇は認められず、65歳以上においてはそのリスクが減少しています。
・主に50歳以上を対象に実施された海外の疫学調査において、選択的セロトニン再取り込み阻害剤および三環系抗うつ剤を含む抗うつ剤を服用した人で、骨折のリスクが上昇したとの報告があります。
・海外で実施された臨床試験において、エスシタロプラムを含む選択的セロトニン再取り込み阻害剤が精子特性を変化させ、受精率に影響を与える可能性が報告されています。

【効能・効果に関する使用上の注意】
抗うつ剤の服用により、24歳以下の人で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、エスシタロプラム10mgの服用にあたっては、リスクとベネフィットを考慮してください。

【用法・用量に関連する使用上の注意】
・エスシタロプラム10mgの服用量は必要最小限となるよう、慎重に観察しながら服用してください。
・肝機能障害の人、高齢者、遺伝的にCYP2C19の活性が欠損していることが判明している人では、エスシタロプラム10mgの血中濃度が上昇し、QT延長などの副作用が発現しやすいおそれがあるため、10mgを上限とすることが望ましいとされています。また服用に際しては状態を注意深く観察し、慎重に服用してください。

高齢者での薬物動態試験で、血中濃度が高い傾向が認められているので、用量に留意して、状態を観察しながら慎重に服用してください。

妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。

授乳中の人の服用は避けることが望ましいとされていますが、やむを得ず服用する場合は授乳を避けてください。

低出生体重児、新生児、乳児、幼児または小児に対する有効性および安全性は確立していません。

ほかの抗うつ薬(パロキセチン塩酸塩水和物)において、海外で実施された7-18歳における大うつ病性障害を対象としたプラセボ対照の臨床試験において有効性が確認できなかったとの報告があります。