ドベリン (塩酸ドロタベリン) 80mg 10錠

360 円!! 内臓平滑筋のけいれんによって引き起こされる諸症状を緩和し、痛みを伴うけいれんに対して優れた効果を発揮。

Doverin (Drotaverine Hydrochloride) - 80mg (10 Tablets)

■ 10錠

360 円


ご注文数量 単価
2 以上 340 円
6 以上 330 円
   

数 量 :   


 

有効成分

塩酸ドロタベリン(Drotaverine Hydrochloride)

 

製造国

インド

 

製造元

Intas Pharmaceuticals Ltd.

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。 
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1回1錠を、1日3回経口服用してください。


商品詳細

ドベリン80mgは平滑筋のけいれんを抑えることで、胃腸管のけいれん、過敏性腸症候群、胆石仙痛およびけい性胆石仙痛、胆のう結石症、胆のう炎、胆管炎、腎疝痛および尿生殖路のけいれん、腎結石症、尿管結石症、腎盂炎、膀胱炎、子宮部のけいれん、月経困難症、切迫流産、けいれん陣痛などの症状を治療する薬です。

平滑筋は心臓以外の内臓壁や血管壁を形成している筋肉で、自律神経の刺激や化学伝達物質、ホルモン、物理的伸展刺激などにより平滑筋内のカルシウムイオン濃度が高まり、収縮をします。
この平滑筋の収縮・弛緩の繰り返しで起こる疼痛を仙痛といいます。
たん石、腸閉塞などが原因で起こることが多いようで、通常は発作的に起こり、次第に痛みを増して最高に達した後に、徐々に軽減して消失します。

また結石は、体内に生じる異常な石のことで、腎臓結石、尿管結石、胆石など、石が生じる部位によって名称が異なります。
石は分泌液や消化液中の成分が一定の化学的、物理的原因によって濃縮、凝固、結晶化することで生じると言われています。
これらの結石の多くは内臓を傷つけ、また平滑筋が収縮することで仙痛を起こすだけでなく、発熱を引き起こし、細菌感染を併発することもあります。

ドベリン80mgの有効成分である塩酸ドロタベリンは、平滑筋細胞の表面に直接吸着してけいれん抑制作用を発揮し、ホスホジエステラーゼ代謝を阻害することで、平滑筋細胞を弛緩させる環状アデノシン一リン酸(cAMP)の濃度を引き上げます。
また平滑筋細胞にカルシウムが取り込まれると平滑筋は収縮しますが、塩酸ドロタベリンはこの作用を阻害することでも平滑筋を弛緩させる働きをすると考えられています。
塩酸ドロタベリンは内臓平滑筋に作用を示すのみならず、血管平滑筋に対しても作用するため、血管が拡がり、血流がよくなることによって、臨床的には胃炎または胆石症など胆道系疾患に伴う内臓平滑筋のけいれん症状を効果的に抑えることができます。
さらにこの作用は、平滑筋のかたまりである子宮にも働きかけ、子宮の平滑筋が繰り返し収縮することで起こる陣痛の痛みや生理痛などにも治療効果を発揮します。

ドベリン80mgの効き目は即効性であるため、痛みを伴うけいれんに対して非常に有効であり、また平滑筋に直接作用するため自律神経系には影響を及ぼさないという特長があります。
したがって、ドベリン80mgはほかの抗コリン性鎮けい薬が引き起こすような副作用がなく、緑内障や前立腺肥大症の人でも使用することができます。
さらにその鎮けい作用や血管拡張作用により、ドベリン80mgは心臓のβ受容体の選択的遮断を誘発する働きも持ち、末梢循環障害、急性動脈塞栓、急性肺塞栓に応用されることもあります。


副作用

ドベリン80mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

主な副作用
頭痛、心拍数増加、低血圧、ほてり、発汗、皮膚過敏反応(発疹、かゆみなど)