バイオ・オイル(200mL)

6000 円!! 【有効成分:エチルヘキサン酸セテアリル/ミリスチン酸イソプロピル/ビタミンE/カレンジュラオイルなど】
肌、髪や爪の保湿から、キズやニキビを目立たなくさせる効果まで。マルチに使える保湿オイル。

Bio Oil(Cetearyl Ethylhexanoate/ Isopropyl Myristate/ Retinyl Palmitate (Vitamin A)/ Tocopheryl Acetate (Vitamin E)/ Calendula Oil/ Lavender Oil/ Rosemary oil/ Camomile oil/ Helianthus Annuus Seed Oil)(200mL)

■ 200mL

6000 円

数 量 :   


 

有効成分

エチルヘキサン酸セテアリル(Cetearyl Ethylhexanoate)

ミリスチン酸イソプロピル(Isopropyl Myristate)

パルミチン酸レチニル(ビタミンA)(Retinyl palmitate (vitamin A))

酢酸トコフェロール(天然ビタミンE)(Tocopheryl Acetate)

カレンジュラ(キンセンカ)オイル(Calendula Oil)

ラベンダーオイル(Lavender Oil)

ローズマリーオイル(Rosemary oil)

ヒマワリ種オイル(Helianthus annus (sunflower) seed oil)

カモミールオイル(Camomile oil)

 

製造国

南アフリカ共和国

 

製造元

Union Swiss

使用量

キズ跡の保湿
数滴を手に取り、完治したキズの周囲から円状にマッサージしながら塗布します。

ニキビ跡の保湿
数滴を手に取り、完治したニキビの周囲から円状にマッサージしながら塗布します。

妊娠線の保湿

1日2回、数滴を手に取り、妊娠線の周囲から円状にマッサージしながら塗布します。
妊娠中期から3ヵ月以上、妊娠線のできやすい腹部、胸部、腰、臀部、大腿部に使用します。

乾燥による小ジワ
気になる部分に数滴をのばして塗布します。

肌の乾燥
気になる部分に数滴をのばして塗布します。


商品詳細

キズやニキビなどで肌が炎症を起こすと、それを守るためにメラニン色素が生成されますが、紫外線を浴びると茶色く変色する性質があるため、色素が沈着するとその場所が黒ずんできます。通常は人間の身体が持つ自己修復機能により治癒し、その跡も目立たなくなっていきます。この働きに関係しているのが、ターンオーバーです。


肌の表皮の細胞は、いちばん下の基底層で生まれた後に少しずつ上に押し上げられ、角質層にたどり着いて最終的にはがれ落ちます。このように、古い細胞が死んで、新しい細胞が生まれる新陳代謝をターンオーバーといいます。この過程の繰り返しにより、キズを目立たせるように沈着していたメラニン色素は上の層へと押し出され、やがて薄れていきます。ところが、皮膚層の数は部位によって異なる上、加齢やストレス、タバコ、睡眠不足、食生活などの条件により、この周期が乱れることがあります。

この周期を正常に戻す要素のひとつが保湿です。バイオ・オイルは、乾燥を防ぐベースオイルに、キズや炎症をケアし、保湿効果を持つ植物エキスを加え、さらに各種ビタミンを配合しています。これらの成分をピュアセリンオイルが角質の奥まで効率よく浸透させるため、短期間ですばらしい改善効果が期待できます。

バイオ・オイルは、キズ跡や肌の乾燥を防ぐほか、髪の毛や爪の保湿にも使用することができます。


副作用

バイオ・オイル使用による副作用については特に報告されていませんが、 異常があらわれた場合は直ちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。


特別な注意

【禁忌】
・バイオ・オイルの成分に対して過敏症の既往歴のある人

【使用上の注意】
・キズ、ニキビ、妊娠線などの跡のケアに使用する場合は、それぞれ完治した後に使用してください。
・キズやはれもの、湿疹など、肌に異常がある部位には使用しないでください。
・肌に合わない場合は使用を中止し、医師の診察を受けてください。
・目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合はすぐに水で洗い流してください。
・使用後はフタをしっかりとしめてください。


 


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただき、ご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし、当商品についてよく理解した上で、適量をご自分の責任において使用してください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が生じたとしても、用量にかかわらず救済対象とはならず、その制度からの保障を受けることはできません。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましても、当店ではお返事できませんので、悪しからずご了承ください。