ベクラゾン・インヘラー(プロピオン酸ベクロメタゾン)100mcg(200回分)

2850 円!! キュバールのジェネリック。
気道の慢性炎症を予防・改善してz喘息発作が起こらないようコントロールする吸入ステロイド剤。

Beclazone Inhaler (Beclometasone Dipropionate) - 100mcg (200 Doses)

■ 200回分

2850 円


ご注文数量 単価
2 以上 2730 円
6 以上 2680 円
11 以上 2620 円
   

数 量 :   


 

有効成分

ジプロピオン酸ベクロメタゾン(Beclomethasone (Beclometasone) Dipropionate)

 

製造国

アイルランド

 

製造元

Ivax Pharmaceuticals

使用量

●成人
軽度のぜんそく: 使用開始量として1日200-400mcgを口腔内に噴霧吸入します。
中等度のぜんそく: 使用開始量として1日800-1600mcgを口腔内に噴霧吸入します。
なお、1日の最大使用量は2000mcgとします。

●こども(6歳以上)
使用開始量として、1回100mcgを症状に応じて1日2-4回口腔内に噴霧吸入します。


商品詳細

喘息治療管理ガイドラインでは、気管支喘息の治療に必要な薬剤を2種類に分けています。コントローラーは、気道の慢性炎症を予防・改善して発作が起こらないようコントロールし、またリリーバー(発作治療薬)は発作時に気道を拡張して速やかに発作を軽減させる薬ですが、いずれも根本的な喘息の治療にはなりません。したがって喘息治療においてはこのようなコントローラーとリリーバーの使い分けが必要不可欠となっています。

ベクラゾン・インヘラー100mcgは、このうちコントローラーに属する薬です。有効成分のプロピオン酸ベクロメタゾンは合成副腎皮質ステロイド薬で、局所抗炎症作用が強く、また局所使用では全身作用および副腎機能抑制がほとんど見られないという特長を持っています。
ぜんそくのコントローラーとしてのプロピオン酸ベクロメタゾンは、かつてはフロンを噴射剤とする懸濁液吸入でしたが、近年では地球環境問題の関係からフロンが使用されない傾向になってきていることから、代替フロンに置き換えたプロピオン酸ベクロメタゾンの吸入製剤が新たに開発されました。
その結果、噴射時のエアゾールの粒子がフロンを使用していたときよりも小さくなり、また微粒子の割合が高くなるなど思わぬ副産物が生まれ、フロン使用時よりも1.5-3.8倍多く肺内に効率よく到達するほか、健常者における肺への沈着率はフロンでは4%であるのに対し、代替フロンでは55%、さらにぜんそくの人においても56%と、驚異的に高効率であることが報告されています。

そのためベクラゾン・インヘラー100mcgは、フロン使用よりも半分以下の使用量で、2倍以上の抗ぜんそく作用を発揮する吸入剤である、と言うことができます。


副作用

●主な副作用
じんましんなどの発疹、そう痒、むくみ、紅斑、せき、咽喉頭症状(疼痛、違和感、刺激感、異物感)、感染、口腔カンジダ症、口渇、しゃがれ声、気管支喘息の増悪、口内炎、咽喉頭症状(発赤)、味覚障害、呼吸器カンジダ症、口腔ならびに咽頭アスペルギルス症、肺好酸球増多症、悪心、食欲不振、嘔吐、下痢、腹痛、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、ALP上昇、高血圧、動悸、関節痛、筋肉痛、脱力感、気分不良、頭痛、倦怠感、憂うつ感、尿糖、白血球増多、リンパ球減少、尿潜血、コルチゾール減少、鼻出血、鼻炎、嗅覚障害


特別な注意

以下の場合、ベクラゾン・インヘラー100mcgを絶対に使用しないでください。
・有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症の人: 症状を増悪するおそれがあります。
・ベクラゾン・インヘラー100mcgの成分に対して過敏症の既往歴のある人

以下の場合、ベクラゾン・インヘラー100mcgを使用しないことを原則としますが、特に必要とする場合には慎重に使用してください。
・結核性疾患の人: 症状を増悪するおそれがあります。

【慎重使用】
・感染症の人: 症状を増悪するおそれがあります。
・高血圧の人: 血圧上昇を起こすおそれがあります。

【重要な基本的注意】
・ベクラゾン・インヘラー100mcgは気管支拡張剤ならびに全身性ステロイドのように既に起きている発作を速やかに軽減する薬剤ではないため、毎日規則正しく使用してください。
・ベクラゾン・インヘラー100mcgの使用開始前には、ぜんそく症状を比較的安定な状態にしておいてください。特に、ぜんそく発作重積状態またはぜんそくの急激な悪化状態のときには、原則としてベクラゾン・インヘラー100mcgを使用しないでください。
・気管支粘液の分泌が著しい状態では、ベクラゾン・インヘラー100mcgの葉いないでの作用を確実にするため吸入に先立って、分泌がある程度減少するまで他剤を使用するとよいとされています。
・ベクラゾン・インヘラー100mcgの使用期間中にぜんそくの悪化が見られた場合には、気管支拡張剤あるいは全身性ステロイド剤を短期間併用し、症状の軽減に合わせて併用薬剤を徐々に減量してください。
・全身性ステロイド剤と比較して可能性は低いとされていますが、吸入ステロイド剤の使用により全身性の作用(クッシング症候群、クッシング様症状、副腎皮質機能抑制、小児の成長遅延、骨密度の低下、白内障、緑内障を含む)が発現する可能性があるので、吸入ステロイド剤の使用量はぜんそくをコントロールできる最小用量に調節してください。特に長期間、大量使用の場合には定期的に検査を行ない、全身性の作用が認められた場合にはぜんそく症状を観察しながら徐々に減量するなど適切な処置を行なってください。
・全身性ステロイド剤の減量は、ベクラゾン・インヘラー100mcgの吸入開始後症状の安定をみて徐々に行なってください。減量にあたっては一般のステロイド剤の減量法に準じてください。
・長期または大量の全身性ステロイド療法を受けている人は副腎皮質機能不全が考えられるので、全身性ステロイド剤の減量中ならびに離脱後も副腎皮質機能検査を行ない、外傷、手術、重症感染症などの侵襲には充分に注意を払ってください。また必要があれば一時的に全身性ステロイド剤の増量を行なってください。
・長期間コルチコトロピン療法を受けている人で、プロピオン酸ベクロメタゾン吸入剤の使用によりコルチコトロピンの離脱後、ぜんそく発作重積状態を認めたとの報告があります(症状に変化がみられる場合には、全身性ステロイド剤の使用などの適切な処置を行なってください)。
・プロピオン酸ベクロメタゾン吸入剤を含む吸入ステロイド剤使用後に、潜在していた基礎疾患であるチャーグ・ストラウス症候群にみられる好酸球増多症がまれに現われることがあります。この症状は通常、全身性ステロイド剤の減量ならびに離脱に伴って発現しており、プロピオン酸ベクロメタゾン吸入剤との直接的な因果関係は確立されていません。ベクラゾン・インヘラー100mcgの使用期間中は、好酸球数の推移や、ほかのチャーグ・ストラウス症候群症状(しびれ、発熱、関節痛、肺の浸潤などの血管炎症状など)に注意してください。
・全身性ステロイド剤の減量ならびに離脱に伴って、鼻炎、湿疹、じんましん、めまい、動悸、倦怠感、顔のほてり、結膜炎などの症状が発現・増悪することがあります。このような症状が現われた場合には適切な処置を行なってください。

【適用上の注意】
・局所的な副作用(口腔カンジダ症など)を予防するため、ベクラゾン・インヘラー100mcg吸入後にうがいを実施するようにしてください。ただし、うがいが困難な場合には、口腔内をすすぐようにしてください。

【取り扱い上の注意】
・専用のアダプターを使用してください。
・アダプターは少なくとも週1回流水かぬるま湯で充分に洗浄し、乾燥させた後、清潔に保管してください。洗浄・乾燥が不充分な場合、噴霧不良の原因となります。
・噴射口が詰まる原因となりますので、アルミ容器は濡らさないでください。


 


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただき、ご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし、当商品についてよく理解した上で、適量をご自分の責任において使用してください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が生じたとしても、用量にかかわらず救済対象とはならず、その制度からの保障を受けることはできません。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましても、当店ではお返事できませんので、悪しからずご了承ください。