アタラックス (塩酸ヒドロキシジン) 25mg 15錠

270 円!! 中枢神経抑制作用を併せ持つ第一世代抗ヒスタミン剤。神経症における不安・緊張・抑うつの治療にも有効。

Atarax (Hydroxyzine Hydrochloride) - 25mg (15 Tablets)

■ 15錠

270 円


ご注文数量 単価
2 以上 260 円
6 以上 250 円
11 以上 240 円
   

【現在、在庫切れとなっています】


 

有効成分

塩酸ヒドロキシジン(Hydroxyzine Hydrochloride)

 

製造国

インド

 

製造元

UCB Pharma

使用量

【神経症】
通常、成人は1日50-100mg(2-4錠)を4回に分割経口服用してください。

【かゆみ】
通常、成人は服用開始量として25mg(1錠)を夜に経口服用してください。
症状や必要性に応じて、1回25mg(1錠)を1日3-4回まで増量してください。

6歳未満の幼児は5-15mgを服用開始量とし、必要に応じては50mgまでを分割服用することができます。
6歳以上の小児は15-25mgを服用開始量とし、必要に応じて50-100mgを分割服用することができます。

【手術前後の鎮静剤として】
通常、成人は50-100mg(2-4錠)を経口服用します。


商品詳細

アタラックス25mgは、アレルギーによる皮膚のかゆみやじんましんを抑え、また気分を落ち着かせる効果を併せ持つ第一世代の抗ヒスタミン薬です。

血圧降下、血管透過性亢進、平滑筋収縮、血管拡張、腺分泌促進などの薬理作用を持ち、またアレルギー反応や炎症の発現関わっている物質がヒスタミンです。
通常は不活性の状態ですが、ケガや薬物のほか、アレルギーを起こす物質であるアレルゲンなどにより活性化し、血管拡張、不随意筋の収縮、痛み、かゆみなどを引き起こします。
また神経組織においては神経伝達物質として作用し、音や光などの外部刺激や、情動、空腹、体温上昇などの内部刺激でも放出され、覚醒作用、食欲調節、体温調節、平衡感覚調節、記憶学習能の修飾といった生理機能も促進します。

ヒスタミンがこれらの作用を発揮するには、細胞の表面にある受容体という受け皿と結合する必要があるため、この結合を阻害することで炎症やかゆみ、痛みなどを抑えることができます。
つまり、この受容体にヒスタミン以外の分子を埋めることによって、さまざまな症状の発現を防ぐ働きをするのが抗ヒスタミン薬です。
抗ヒスタミンは開発された世代により第一世代、第二世代などに分類されますが、第一世代は鎮静作用が強く、また第二世代は主にアレルギーに対して効果を発揮するという特徴があります。

ヒスタミン受容体はH1-H4まで4種類が発見されており、それぞれに異なる働きをしますが、アタラックス25mgはこの中のH1受容体に選択的に結合する第一世代の抗ヒスタミン薬です。
H1受容体は主に血管拡張、血管透過性亢進、気管支収縮、中枢神経における神経伝達などに作用する受容体で、アレルギーに深く関わっていることが知られています。

アタラックス25mgは、有効成分である塩酸ヒドロキシジンが競合的にヒスタミンH1受容体に結合し、ヒスタミンが受容体と結合するのを防ぐことによって皮膚のかゆみやじんましんなどのアレルギー症状の発現を抑制します。
また、塩酸ヒドロキシジンは脳に移行しやすい性質を持っているため、視床、視床下部、大脳辺縁系などに作用し、中枢抑制作用を発揮することで、不安や緊張感を和らげる働きもします。
これらの作用により、アタラックス25mgは、皮膚科と精神科の領域で使用されている画期的な薬でもあります。


副作用

アタラックス25mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

主な副作用
眠気、倦怠感、めまい、不安、不随意運動、ふるえ、けいれん、頭痛、幻覚、興奮、錯乱、不眠、傾眠、口渇、食欲不振、胃部不快感、吐き気、嘔吐、便秘、血圧降下、発疹、紅斑、多形滲出性紅斑、浮腫性紅斑、紅皮症、そう痒、じんましん、霧視、尿閉、発熱

極稀に起こる重篤な副作用
ショック、アナフィラキシー様症状、肝機能障害、黄だん


特別な注意

以下の場合、アタラックス25mgを絶対に服用しないでください。
・アタラックス25mgの成分、セチリジン、ピペラジン誘導体、アミノフィリン、エチレンジアミンに対し過敏症の既往歴のある人

・ポルフィリン症の人

・妊娠または妊娠している可能性のある人: 妊娠初期(約3ヵ月)にアタラックス25mgを服用した人が、口蓋裂などの奇形を有する児を出産したとの報告があり、また妊娠中の服用により、出産後新生児に傾眠、筋緊張低下、離脱症状、錐体外路障害、間代性運動、中枢神経抑制などの精神神経系症状、新生児低酸素症が現われたとの報告があります。

 

【慎重服用】
・てんかんなどのけいれん性疾患、またはこれらの既往歴のある人: けいれん閾値を低下させることがあります。

・高齢者: 一般に生理機能が低下しているので、減量するなど注意してください。

・肝機能障害のある人: 血中濃度半減期が延長したとの報告があります。

・腎障害のある人: 中等度または重度の腎障害のある人で、血中濃度半減期が延長したとの報告があります。

・緑内障の人、前立腺肥大など下部尿路に閉塞性疾患のある人、重症筋無力症の人、認知症の人、狭窄性消化性潰瘍または幽門十二指腸閉塞など消化管運動が低下している人

・不整脈を発現しやすい状態にある人

 

【重要な基本的注意】
・眠気を催すことがあるので、アタラックス25mg服用中は、自動車の運転など危険を伴う機械類の操作に従事しないように注意してください。

・アタラックス25mgの服用により、皮膚疾患の改善が認められない場合には、アタラックス25mgによる皮膚症状を考慮し、服用を中止するなど適切な処置を行なってください。