【要薬監証明】アポ・ナドロール(ナドロール)40mg 100錠

4440 円!! ナドルのジェネリック
血圧降下、そして心臓の負担の軽減といった作用を持つβブロッカー。狭心症や不整脈、そして高血圧の治療に有効。

こちらの商品の個人輸入には、令和2年9月1日以降、薬監証明に代えて輸入確認証を取得していただくことになりました。詳細については、申請先の厚生局(厚生労働省の地方支分部局)へお問い合わせください。地方厚生(支)局所在地一覧

Apo-Nadolol (Nadolol) - 40mg (100 Tablets)

■ 100錠

4440 円

数 量 :   


 

有効成分

ナドロール(Nadolol)

 

製造国

ニュージーランド

 

製造元

Apotex Pharmaceutical

使用量

●高血圧症
通常、成人は1回40mgを1日1回服用します。
血圧が低下するまで1日40-80mgの範囲で徐々に増量していきますが、症状により1日240-320mgまで増量します。

●狭心症
通常、成人は1回40mgを1日1回服用します。
目標とする結果が出るまで3-7日おきに1日40-80mgの範囲で徐々に増量していきますが、症状により1日160-240mgまで増量します。

●頻脈性不整脈
通常、成人は1回40mgを1日1回服用します。
1週間ごとに1日40mgずつ徐々に増量しますが、最大服用量は1日160mgとします。
徐脈が発生した場合は、1日40mgまで減量してください。


商品詳細

高血圧は、遺伝や肥満、運動不足、塩分の摂り過ぎなどが原因となって血管の壁にかかる圧力が通常より高くなる状態で、狭心症は、心臓の筋肉に酸素と栄養を送り届ける血管である冠動脈の異常により、心筋に充分な血液(酸素)が行き渡らなくなる病気です。
また自律神経の興奮や心臓の病気によって起こる脈が速くなる不整脈が、頻脈性不整脈です。

アポ・ナドロール40mgの有効成分であるナドロールは、β遮断薬(ベータブロッカー)と呼ばれる種類に属する薬で、心臓にある交感神経のβ受容体を遮断することにより、アドレナリン作動性効果を遮断します。
この働きにより心臓の収縮力が弱まり、脈拍が遅くなるために拍出量が減り、末梢管抵抗が低下して血圧が下がります。
また、心筋収縮力に影響することなく、心臓の刺激伝導系の過剰な興奮を抑制し、心仕事量や心筋酸素消費量を低下させるという利点を持っています。

従来のβ遮断薬は1日2-3回服用のものが多く、日常生活において規則正しく服用されないことで充分な治療効果が得られないことがありましたが、アポ・ナドロール40mgは1日1回の服用で済むために、安定した効果を得ることができる薬です。


副作用

アポ・ナドロール40mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
発疹、そう痒感、徐脈、動悸、心臓比増大、血圧低下、起立性低血圧、房室ブロック、四肢の冷感、胸部圧迫感、めまい、立ちくらみ、ふらつき、頭痛、頭重感、眠気、不眠、しびれ感、息切れ、息苦しさ、せき、喀痰、喘息発作の誘発、吐き気、下痢、胃部不快感、胃重感、腹部膨満感、食欲不振、腹痛、胃痛、便秘、口渇、涙液分泌減少、霧視、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、ALP上昇、倦怠感、疲労感、むくみ、トリグリセリドの上昇、鼻閉、血糖値の上昇、BUNの上昇、脱力感、悪寒、CK(CPK)の上昇

●極稀に起こる重篤な副作用
心不全、洞房ブロック、洞不全症候群


特別な注意

以下の場合、アポ・ナドロール40mgを絶対に服用しないでください。
・気管支喘息、気管支けいれん、慢性閉塞性疾患のおそれのある人: 気管支筋を収縮させ、喘息症状の誘発および症状の悪化を招くおそれがあります。
・糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある人: 心筋収縮力の抑制が増強されるおそれがあります。
・高度の徐脈(著しい洞性徐脈)、房室ブロック(II度、III度)、洞房ブロック、洞不全症候群のある人: 心刺激伝導の抑制により、症状の悪化をきたします。
・心原性ショックの人: 心拍出量の抑制により、循環不全が悪化するおそれがあります。
・肺高血圧による右心不全のある人: 出拍出量の抑制により、症状の悪化をきたすおそれがあります。
・うっ血性心不全のある人: 心収縮力抑制作用により、症状の悪化をきたすおそれがあります。
・異型狭心症の人: 症状を悪化させるおそれがあります。
・妊婦または妊娠している可能性のある人: 妊娠中の服用に関する安全性は確立していないため、妊婦または妊娠している可能性のある人は服用しないでください。

【慎重服用】
・うっ血性心不全のおそれのある人: 心収縮力抑制作用により、心不全症状を誘発するおそれがあるため、観察を充分に行ない、強心配糖体を併用するなど慎重に服用してください。
・低血糖症、コントロール不充分な糖尿病、長期間絶食状態の人: 低血糖症状を起こしやすく、かつ低血糖の前駆症状である心悸亢進、頻脈などの症状をマスクしやすいので、血糖値に注意してください。
・重篤な肝障害のある人: 肝障害を悪化させるおそれがあります。
・腎障害のある人: 血中濃度が高値になることがあるので、クレアチニンクリアランス値が50mL/分、糸球体ろ過値が50mL/分以下の場合は、服用間隔を延長するなど慎重に服用してください。
・徐脈、房室ブロック(I度)のある人: 心刺激伝導の抑制により、症状の悪化をきたすおそれがあります。
・末梢循環障害のある人(レイノー症候群、間欠性跛行症など): 末梢血管の拡張を抑制し、症状の悪化をきたすおそれがあります。
・甲状腺中毒症の人: 頻脈などの甲状腺中毒症状をマスクすることがあります。
・高齢者: 脳梗塞などが起こるおそれがあるため、一般に過度の降圧は好ましくないとされています。また、休薬を要する場合は、徐々に減量してください。アポ・ナドロール40mgは主として腎臓から排泄されますが、高齢者では腎機能が低下していることが多いため、高い血中濃度が持続するおそれがあります。
・小児など: 小児などに対する安全性は確立していません。

【重要な基本的注意】
・服用が長期にわたる場合は、心機能検査(脈拍、血圧、心電図、X線など)を定期的に行なってください。特に徐脈になったときおよび低血圧を起こした場合には、減量または中止してください。また必要に応じて硫酸アトロピンを使用してください。なお、肝機能、腎機能、血液像などに注意してください。
・類似化合物(塩酸プロプラノロール)を服用中の狭心症の人で、急に服用を中止したとき、症状が悪化したり、心筋梗塞を起こした症例が報告されているので、休業を要する場合は、徐々に減量し、観察を充分に行なってください。また医師の指示なしに服薬を中止しないように注意してください。狭心症以外の適用、例えば不整脈で服用する場合でも、特に高齢者においては同様の注意をしてください。
・甲状腺中毒症の人: 急に服用を中止すると症状を悪化させることがあるので、休薬を要する場合は、徐々に減量し、観察を充分に行なってください。
・手術前48時間は服用しないことが望ましいとされています。
・めまい、ふらつきが現われることがあるので、アポ・ナドロール40mgを服用中の人は、自動車の運転など危険を伴う機械の作業に注意してください。

【用法、用量に関連する使用上の注意】
・褐色細胞腫の人は、アポ・ナドロール40mgの単独服用により急激に血圧が上昇することがあるので、α(アルファ)-遮断剤で初期治療を行なった後にアポ・ナドロール40mgを服用し、常にα-遮断剤を併用してください。

母乳中に移行することが方向されているので、授乳婦の人は服用を避けることが望ましいが、やむを得ず服用する場合は授乳を避けてください。

β(ベータ)-遮断剤(塩酸プロプラノロールなど)の服用中の人は、ほかの薬剤などによるアナフィラキシー反応がより重篤になることがあり、また通常用量のアドレナリンによる治療には反応しにくいとの報告があります。


 


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただき、ご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし、当商品についてよく理解した上で、適量をご自分の責任において使用してください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が生じたとしても、用量にかかわらず救済対象とはならず、その制度からの保障を受けることはできません。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましても、当店ではお返事できませんので、悪しからずご了承ください。