京都念慈菴小柴胡湯(京都念慈菴小柴胡湯 )(柴胡(サイコ)/黄芩(オウゴン)/法半夏(ホウハンゲ)/生薑(ショウキョウ)/人参(ニンジン)/大棗(タイソウ)/灸甘草(シャカンゾウ))(4.5g×10包)

1080 円!! 主に風邪やインフルエンザ、気管支炎、気管支喘息や慢性肝炎での肝機能障害の改善に。7種類の生薬の力で、根本から症状を抑える漢方薬です。ただし体の弱い人や体力のない人は慎重な服用を。

NIN JIOM Livereen Concentrated Granules (Radix bupleuri/ Radix scutellariae/ Pinellia ternata/ Zingiber officinale/ Radix et rhizoma ginseng/ Fructus ziziphi jujubae/ Radix et rhizoma Glycyrrhizae praeparata cum melle) (4.5gx10)

■ 4.5g×10包

1080 円


ご注文数量 単価
2 以上 1040 円
   

数 量 :   


 

有効成分

柴胡(サイコ)(Radix bupleuri)

黄芩(オウゴン)(Radix Scutellarias)

法半夏(ホウハンゲ)(Pinellia ternata)

生薑(ショウガ)(Zingiber officinale)

人参(ニンジン)(Radix et rhizoma ginseng)

大棗(タイソウ)(Fructus Ziziphi Jujubae)

灸甘草(シャカンゾウ)(Radix Et Rhizoma Glycyrrhizae Praeparata Cum Melle)

 

製造国

香港

 

製造元

京都念慈菴 (Nin Jiom)

使用量

水またはぬるま湯で服用、または水またはぬるま湯に溶かして経口服用します。


成人(10歳以上)

1回1包を1日2回経口服用します。


子供

年齢に応じて、以下の用量を1日2回経口服用します。

5-10歳:1回1/2包を1日2回

3-5歳:1回1/3包を1日2回

1-3歳:1回1/4包を1日2回


または医師に指示されたとおりに服用します。


商品詳細

京都念慈菴小柴胡湯は、直接またはお湯や水に溶かして服用するタイプの漢方製剤のひとつで、主に急性熱性疾患、肺炎、気管支炎、気管支喘息、感冒、食欲不振、慢性胃腸障害、慢性肝炎における肝機能障害の改善などに使用されます。


小柴胡湯を含む大柴胡、柴胡桂枝湯、柴胡桂枝乾姜湯などの柴胡剤は、湯柴胡と黄芩が構成の中心となっており、このうち柴胡は抗炎症、鎮静、健胃作用などを持ち、また黄芩は清熱作用があるため、柴胡と黄芩で胸脇苦満を緩和する作用が期待できます。胸脇苦満は、風邪の治りかけ頃に多くみられる症状で、みぞおちから胸の脇にかけて起こる抵抗感や圧痛を指します。

これらの生薬に加え、は嘔吐を鎮めるための半夏、副作用を緩和する大棗と生姜のほか、精気を補い、弱った胃腸機能を高める働きがあるとされている人参や甘草といった合計7種類の生薬が配合されています。これらの相乗効果により、中国医学で言うところの陰と陽のバランスを整え、風邪、インフルエンザ、肝炎、胆嚢炎、胃炎、食道炎、気管支炎、咽頭炎、扁桃腺炎、中耳炎、腎炎、腎盂炎、膀胱炎などの症状を改善します。


副作用

●主な副作用

発疹、そう痒、じんましん、便秘、食欲不振、胃部不快感、嘔吐、下痢、悪心、腹痛、血尿、残尿感、膀胱炎、頻尿、排尿痛


●極稀に起こる重篤な副作用

間質性肺炎、偽アルドステロン症、ミオパチー、肝機能障害、黄だん


特別な注意

【警告】

・京都念慈菴小柴胡湯の服用により、間質性肺炎が起こり、早期に適切な処置を行なわない場合、死亡などの重篤な天気に至ることがあるので、状態を充分観察し、発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音の異常(捻髪音)、胸部X線異常などがあらわれた場合には、ただちに京都念慈菴小柴胡湯の使用を中止してください。

・発熱、咳嗽、呼吸困難などがあらわれた場合には、京都念慈菴小柴胡湯の使用を中止し、ただちに医師の診察を受けてください。


【禁忌】

・インターフェロン製剤を使用中の人

・慢性肝炎における肝機能障害で血小板数が10万/mm3以下の人: 肝硬変が疑われます。

・京都念慈菴クールメートドリンクの成分に対し過敏症の既往歴のある人


【慎重服用】

・著しく体力の衰えている人: 副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがあります。

・慢性肝炎における肝機能障害で血小板数が15万/mm3以下の人: 肝硬変に移行している可能性があります。


【重要な基本的注意】

・慢性肝炎における肝機能障害で京都念慈菴小柴胡湯を服用中は、血小板数の変化に注意し、血小板数の減少が認められた場合には服用を中止してください。

・京都念慈菴小柴胡湯の使用にあたっては、体質・症状を考慮して使用してください。なお、経過を充分に観察し、症状・所見の改善が認められない場合には、継続使用を避けてください。

・京都念慈菴小柴胡湯にはカンゾウが含まれているので、血清カリウム値や血圧値などに充分に留意し、異常が認められた場合には使用を中止してください。

・ほかの漢方製剤などを併用する場合は、含有生薬の重複に注意してください。


 


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただき、ご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし、当商品についてよく理解した上で、適量をご自分の責任において使用してください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が生じたとしても、用量にかかわらず救済対象とはならず、その制度からの保障を受けることはできません。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましても、当店ではお返事できませんので、悪しからずご了承ください。