ランタス・ソロスター(インスリングラルギン)100U/mL(3mL×10)【要冷蔵商品】

41880 円!! 1日1回の注射で24時間安定した血糖降下作用が持続。健康な人のインスリン基礎分泌により近づけるための持効型インスリン製剤です。インスリン療法が適用となる糖尿病の治療に。
注意1:こちらの商品は税関での通関手続きの際に医師の診断書、あるいは処方箋の提示を求められることがあります。書類についてはお客様側でご用意ください。
注意2:当商品は保冷剤と一緒に断熱性の発泡スチロール箱に入れて冷蔵EMS(国際スピード郵便)のみでの配送となります。(ほかの商品と同時にご注文の場合、全てEMSでまとめての発送になります)

Lantus 100Uml SoloStar (Insulin glargine) (3mL x 10)

■ 3mL×10

41880 円


ご注文数量 単価
2 以上 40160 円
6 以上 39280 円
11 以上 38450 円
   

数 量 :   


 

有効成分

インスリングラルギン(Insulin glargine)

 

製造国

ドイツ

 

製造元

Sanofi K.K

使用量

通常、成人は、初期は1日1回4-20単位を皮下注射しますが、ときにほかのインスリン製剤を併用することがあります。

注射時刻は朝食前または就寝前のいずれかで問題ありませんが、毎日一定とします。

使用量は、状態および検査所見に応じて増減します。なお、その他のインスリン製剤の使用量を含めた維持量は、通常1日4-80単位です。

ただし、必要に応じてこの使用量を超えて使用することがあります。


商品詳細

インスリンと同じ作用を持ちながら薬物動態を改善した、糖尿病の人のためのインスリン製剤です。持続時間が長く、作用に大きなピークがないため、生理的なインスリン基礎分泌の補充が可能です。


糖尿病の治療には、食事療法や運動療法などの生活習慣の改善が必須であり、その上で薬物を用いた治療が行なわれるのが一般的ですが、インスリン治療もそのひとつです。インスリン治療は、文字どおりインスリン製剤によりインスリンを外から補う療法で、膵臓から必要なインスリンを分泌できない人などに適しています。ひとくちにインスリン製剤といってもその種類は作用や目的によりさまざまで、中でも健康な人の生理的インスリン基礎分泌パターンに近付ける基礎分泌療法では、中間型や持続型(ウルトラレンテ)が多く使われてきました。ところが、この製剤は皮下注後の血中濃度にピークが見られるという問題があるため、例えば就寝前の中間型投与においては、早朝の糖新生を抑え空腹時血糖を下げるのに充分なインスリンを投与した場合、深夜就寝中に低血糖を起こす危険だけでなく朝の血糖が充分に抑えられないことに加え、状態が安定しないという欠点がありました。そこで、ピークがなく、24時間安定した効果が持続するために開発された成分が、ランタス・ソロスターの有効成分であるインスリングラルギンです。


インスリングラルギンは、1日1回の注射でインスリンの基礎分泌の補充ができるだけでなく、効果の波が少なくなったことにより健康な人のインスリン基礎分泌により近く、夜中に低血糖が起こる可能性が軽減されているのが特徴です。


ただし、食後高血糖の改善効果は強くないため、食後高血糖が顕著で改善できない場合は、超速効型インスリン製剤や速攻型インスリン分泌促進薬などの経口薬と並行すると、より健康な人の基礎分泌、追加分泌パターンに近付けることができます。


副作用

●主な副作用

発疹、じんましん、そう痒感、肝機能異常(AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇など)、糖尿病網膜症の顕在化または増悪、注射部位の発赤・腫脹・炎症・リボディストロフィー(皮下脂肪の萎縮・肥厚など)・浮腫・疼痛・そう痒感・じんましん、ナトリウム貯留、浮腫


●極稀に起こる重篤な副作用

低血糖、ショック、アナフィラキシー


特別な注意

【禁忌】

・低血糖症状を呈している人

・ランタス・ソロスターの成分またはインスリングラルギン製剤に対し過敏症の既往歴のある人


【慎重使用】

・インスリン重要の変動が激しい人

手術、外傷、感染症などの人

妊婦

・以下の低血糖を起こしやすい人または状態

重篤な肝または腎機能障害

下垂体機能不全または副腎機能不全

下痢、嘔吐などの胃腸障害

飢餓状態、不規則な食事摂取

激しい筋肉運動

過度のアルコール摂取者

高齢者

血糖降下作用を増強する薬剤との併用

・低血糖を起こすと事故につながるおそれがある人(高所作業、自動車の運転などの作業に従事している人など)

・自律神経障害のある人: 低血糖の自覚症状が明確でないことがあります。


【重要な基本的注意】

・インスリン製剤の使用上もっとも重要なことは、適応の決定と使用者の理解です。日常の糖尿病治療のためにインスリンを使用する場合、その注射法および低血糖に対して自ら対処できるようにしてください。また、皮下からの吸収および作用の発現時間は、血流、体温、運動量などにより異なるため、適切な注射法についても理解してください。さらに、ランタス・ソロスターの使用にあたっては、必ず添付の取扱説明書を読んでください。またすべての器具の安全な廃棄方法についても理解してください。

・2型糖尿病においては、急を要する場合以外は、あらかじめ糖尿病治療の基本である食事療法、運動療法を充分行なった上で適用を考慮してください。

・低血糖を起こすことがあるので、注意してください。特に食事を摂取しなかったり、予定外の激しい運動を行なった場合、低血糖を引き起こしやすくなります。低血糖が無処置の状態で続くと重篤な転帰(死亡など)をとるおそれがあります。また、低血糖に関する注意について、家族にも充分徹底させてください。

・ランタス・ソロスターの作用は皮下に注射することにより、明らかなピークを示さず、ほぼ24時間持続する特徴を有することから、特にほかのインスリン製剤からの切り替え時など、低血糖発現状態の変化に充分注意してください。

・インスリングラルギン300単位/mLからランタス・ソロスターへの切り替え時には、前治療のインスリングラルギン300単位/mL製剤の1日使用量よりも低用量での切り替えを考慮するとともに、切り替え時およびその後しばらくの間は血糖モニタリングを慎重に行なってください。

・インスリンの用量が不足した場合、高血糖を起こすことがあるので注意してください。高血糖が無処置の状態で続くと悪心、嘔吐、眠気、潮紅、口渇、頻尿、脱水、食欲減退、呼気のアセトン臭、ケトアシドーシス、昏睡などを起こし、重篤な転帰をとるおそれがあるので、適切な処置を行なってください。

・急激な血糖コントロールに伴い、糖尿病網膜症の顕在化または増悪、眼の屈折異常、治療後神経障害(主として有痛性)があらわれることがあるので注意してください。

・ランタス・ソロスターは無色透明な液剤であるため、速攻型インスリン製剤または超速効型インスリンアナログ製剤と間違えないようにしてください。


 


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただき、ご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし、当商品についてよく理解した上で、適量をご自分の責任において使用してください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が生じたとしても、用量にかかわらず救済対象とはならず、その制度からの保障を受けることはできません。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましても、当店ではお返事できませんので、悪しからずご了承ください。