ムルタック(ドロネダロン)400mg(100錠)

57260 円!! 日本未承認の新しい抗不整脈薬!ヨウ素を含まないためヨウ素に関連した副作用を引き起こさず、心不全患者の治療に有用である可能性があると言われています。※通関の際に薬監証明などの書類が必要になることがあります。

Multaq (Dronedarone) - 400mg (100 Tablets)

■ 100錠

57260 円


ご注文数量 単価
2 以上 54850 円
3 以上 53650 円
6 以上 52510 円
   

数 量 :   


 

有効成分

ドロネダロン(Dronedarone)

 

製造国

フランス

 

製造元

Sanofi Winthrop

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。


通常、成人は1日400mgを1日2回経口服用します。
 朝食時 水と共に1錠服用します。
 夕食時 水と共に1錠服用します。
 この錠剤は等しい成分量に分割することはできません。


商品詳細

フィルムコーティング錠
ムルタック(ドロネダロン)400mgは活性成分ドロネダロンを含んでいます。
抗不整脈薬に分類され、正常な心臓の鼓動を助ける働きをします。


ムルタック(ドロネダロン)400mgは心臓の鼓動に問題がある心房細動の場合使用されます。
心房細動は、心臓のリズムが不規則になり(不整脈と呼ぶ)、速くなりすぎる疾患の一つです。
心房細動は、薬剤と電気的除細動と呼ばれている処置により正常な心調律に戻すことが可能です。
しかし高頻度に再発することが大きな問題となっており、再発を避け正常な心調律を維持するため様々な薬剤が用いられています。


ムルタック(ドロネダロン)400mgは不整脈が繰り返されることを防ぐ働きがあります。
医師よりムルタックが処方される前には、すべての治療の選択肢が考慮されますので医師の指示に従って下さい。

副作用

以下にあげる副作用は、ムルタック(ドロネダロン)400mgに関して報告されたものです。
使用中、副作用のいずれかに気づいた場合、すみやかに医者の診断を受けて下さい。場合によっては救急手当ての必要があります。


非常に多く見られた副作用(10人に1人以上の可能性)
•心臓が体中に血を十分にポンプで送れない問題 (鬱血性心不全)が、臨床研究この副作用はムルタック(ドロネダロン)400mgを与えられた患者とパラセボ(偽薬)を与えられた患者で同程度の率で観察されました。
兆候は脚または足のむくみ、横になったり睡眠時の呼吸困難、動き回るときの息切れ、または体重の増加。


一般的な副作用(10人に1人の可能性)
•下痢、おう吐、過剰な場合腎臓に影響を及ぼす可能性。
•心拍数の低下。


まれな副作用(100人に1人の可能性)
• 肺(傷になって、肺が厚くなることを含む)の炎症。
兆候は、息切れまたは乾性咳嗽を含みます。


希少な副作用(1000人に1人の可能性)
• 致命的な肝不全を含む肝臓の問題。
兆候は胃(腹部の)領域の痛みまたは不快(食欲不振、吐き気、嘔吐、皮膚の黄変または目(黄疸)の白目)を含む。尿の異常な黒ずみ、疲労(特に上記の他の徴候に関連して)、かゆみ。
• 顔、唇、口、舌またはのどの腫脹を含むアレルギー反応。


【その他の副作用】


非常に多く見られた副作用(10人に1人以上の可能性)
• 1件の血液検査の結果の変化:血中クレアチニン濃度。
• ECG(心電図)の変化、QTc Bazettの長引き。


一般的な副作用(10人に1人の可能性)
•消化(例 下痢、吐き気、嘔吐と胃痛)に関する問題
• 疲れていると感じること。
• 皮膚の問題(例 発疹またはうずうずすること)。
•肝機能のチェック後、血液検査の結果の変化が見られた。


まれな副作用(100人に1人の可能性)
• 皮膚の赤みまたは湿疹(ずきずきする、水ぶくれ、うずうずする、赤くなる)のような他の皮膚の問題。
• 皮膚が太陽により敏感となった。
• 味覚の変化。


希少な副作用(1000人に1人の可能性)
• 味覚の喪失
• 血管(白血球破砕性脈管炎を含む脈管炎)の炎症。


以上の副作用のうち一つでも当てはまった場合、またはどんな副作用でもあると感じた場合はかかりつけの医師と相談してください。



特別な注意

以下項目に該当する方、または既病歴のある方はムルタック(ドロネダロン)400mgを使用しないで下さい。


・ドロネダロンあるいは本剤に含まれる成分にに過敏症のある場合


・心臓(心臓ブロック)の神経に問題がある場合。
心拍がかなりゆっくりとなる可能性があり、めまいを生じるかもしれません。
この問題に適応しているペースメーカーを着用している場合は、ムルタック(ドロネダロン)400mgを服用が可能です。


・非常に遅い心拍(1分につき心拍数50回未満)の場合。


・ECG(心電図)で「長いQT修正間隔」(この間隔は500ミリ秒以上)と呼ばれている心臓疾患を表している場合。


・永続性心房細動と呼ばれる心房細動を持っている場合。
永続性心房細動AFの中で、心房細動が長い間(少なくとも6ヵ月間)あり、電気的除細動と呼ばれている処置で心臓のリズムが心房性通常のリズムに戻らないよう決定が出されている場合。


・心臓が体中に血をめぐらすポンプの働きに問題があるまたはあった心不全の場合。
脚や足のむくみ、横になっている時、睡眠時に呼吸困難がある、あるいは動いている時息切れする場合。


・心臓から血液が出る時の割合が低すぎる場合(左室機能不全と呼ばれる状態)。


・以前にアミオダロン(もう一つの抗不整脈薬)を服用して、肺または肝臓の問題が生じた場合。


・感染症(真菌感染またはエイズを含む)、アレルギー、心拍問題、移植後、うつ病、による薬を服用中の場合。
「他の薬との併用」の項目を参照して下さい。


・重い肝疾患がある場合。


・重い腎疾患がある場合。


・ダビガトラン(経口抗凝固薬)を服用している場合。


【警告と予防措置】


ムルタック(ドロネダロン)400mgを服用する前に次の問題がある場合は、医者または薬剤師に相談して下さい。


・血液中の低カリウムまたは低マグネシウムによる問題がある場合。
ムルタック(ドロネダロン)400mgを服用する前にこの問題に関する措置が施される必要があります。


・年齢が75才以上の場合


・心筋に血を供給する血管が硬く狭くなる(冠状動脈疾患)の症状がある場合。


【妊娠中または授乳中の使用】


もし妊娠または授乳中の場合、妊娠の可能性があると思われる、妊娠を予定している場合はムルタック(ドロネダロン)400mg使用の前に医師の指示を仰いで下さい。


•ムルタック(ドロネダロン)400mg は妊婦また妊娠予定の方に推奨されていません。


•妊娠可能な女性で適切な避妊措置をとっていない場合、ムルタック(ドロネダロン)400mgを使用しないで下さい。


•ムルタック(ドロネダロン)400mg の使用中に妊娠したと思われる場合は、使用をやめ医師に相談して下さい。


•授乳中である場合ムルタック(ドロネダロン)400mg を使用する前に医師と相談して下さい。


【小児と青少年への使用】


ムルタック(ドロネダロン)400mgの18歳以下の青少年、子供への使用は推奨されていません。


【車の運転、機械の操作】


車の運転や機械の操作にムルタック(ドロネダロン)400mgは通常影響は及ぼしませんが、副作用による疲労などの影響を受ける可能性があります。


【ラクトース砂糖の一種を含んでいます】


ムルタック(ドロネダロン)400mgは、砂糖の一種ラクトースを含んでいます。医師に砂糖の制限を言われている場合は、使用の前に医師と相談して下さい。



 


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただき、ご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし、当商品についてよく理解した上で、適量をご自分の責任において使用してください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が生じたとしても、用量にかかわらず救済対象とはならず、その制度からの保障を受けることはできません。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましても、当店ではお返事できませんので、悪しからずご了承ください。