ミルザ50 (塩酸ミルナシプラン) 50mg 10カプセル

450 円!! トレドミンのジェネリック
中~高度のうつ症状、慢性疼痛などに効果を発揮するセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)。

Milza 50 (Milnacipran Hydrochloride) - 50mg (10 Capsules)

■ 10カプセル

450 円


ご注文数量 単価
2 以上 430 円
6 以上 420 円
   

【現在、在庫切れとなっています】


 

有効成分

塩酸ミルナシプラン(milnacipran hydrochloride)

 

製造国

インド

 

製造元

Intas Pharmaceuticals Ltd.

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。 
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は初期服用量として服用開始後4日間は1日50mgを経口服用します。 
その後、推奨服用量として1回50mgを1日2回経口服用します。

腎臓疾患のある人は1回25mgを1日2回経口服用しますが、 
肝臓疾患のある人では服用量の調整は不要です。

効果の出現には通常1-3週間かかるため、最低でも数ヵ月継続服用してください。


商品詳細

ミルザ50は、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)に属する抗うつ薬で、主に、うつ病やうつ状態の治療に使用されます。

うつ病は、気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気が出ない、集中できない、眠れないなどの症状が現われる精神疾患で、要因は複雑に絡み合っており、ひとつに特定するのが非常に困難だとされています。日本では約10人に1人がうつ病を経験すると言われており、厚生労働省の2008年のうつ病患者数調査によると総数は約104万人とされ、1999年の調査から10年足らずで約2.4倍にも増えています。

うつ病の原因は、脳内神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの減少が考えられています。セロトニンは不安感を和らげて気分を楽にし、またノルアドレナリンは神経を興奮させる神経伝達物質で、覚醒、集中、記憶、積極性などに関与し、「意欲」を高める働きを持っているとされています。そのため、脳内の神経細胞から放出されるセロトニンやノルアドレナリン量の減少は、無気力、無関心、不安、落ち込み、焦燥感といった精神障害を引き起こし、結果、気分や行動力の減退(うつ病、うつ状態)につながります。

ミルザ50は、有効成分の塩酸ミルナシプランの働きにより、セロトニンやノルアドレナリンの再吸収を阻害することで、物質濃度を増加させ、うつ病の症状を改善する薬です。

通常、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質は神経細胞のニューロンから放出され、シナプス性受容体と呼ばれる細胞膜上に存在しているタンパク質と結合することで情報を伝達していきます。ところが、受容体と結合しなかった神経伝達物質は、トランスポーターと呼ばれる輸送体によって再利用のために神経細胞内に吸収され、その神経伝達能力を終了してしまいます。この結果、脳内のノルアドレナリンやセロトニン濃度が脳内で減少し、精神障害が起きると考えられています。

有効成分の塩酸ミルナシプランは、ノルアドレナリントランスポーターとセロトニントランスポーターに選択的に結合し、そのほかの受容体にはほとんど作用しないため、それまでの三環系抗うつ剤などに見られた、口の渇きや便秘などの副作用が軽減されました。このような作用から、「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(Serotonin-NorAdrenalin Reuptake Inhibitors/SNRI)」と呼ばれ、もっとも進化した第4世代の抗うつ薬として、ミルザ50は広く処方されています。


副作用

【重大な副作用】 
悪性症候群、セロトニン症候群、けいれん、白血球減少、重篤な皮膚障害(皮膚粘膜眼症候群など)、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、肝機能障害、黄だん

【その他副作用】 
起立性低血圧、頻脈、動悸、血圧上昇、眠気、めまい、ふらつき、立ちくらみ、頭痛、振戦、視調節障害、躁転、焦躁感、知覚減退(しびれ感など)、不眠、筋緊張亢進、アカシジア・口部ジスキネジア・パーキンソン様症状などの錐体外路障害、不安、発疹、そう痒感、口渇、便秘、腹痛、腹部膨満感、胸やけ、味覚異常、舌異常、食欲不振、食欲亢進、口内炎、下痢、A S T(GOT)、A L T(GPT)、γ-GTPの上昇、排尿障害、頻尿、尿蛋白陽性、倦怠感、発汗、熱感、発熱、悪寒、冷感、耳鳴、息苦しい、性機能異常(勃起力減退、射精障害、精巣痛、精液漏など)、トリグリセライドの上昇


特別な注意

【禁忌】 
・ミルザ50の成分に対し過敏症の既往歴のある人 
・モノアミン酸化酵素阻害剤を服用中の人 
・尿閉(前立腺疾患など)のある人

【慎重服用】 
・排尿困難のある人 
・緑内障又は眼内圧亢進のある人 
・心疾患のある人(血圧上昇、頻脈などが現われ、症状が悪化するおそれがあります) 
・肝障害のある人(高い血中濃度が持続するおそれがあります) 
・腎障害のある人(体内薬物動態試験で、高い血中濃度が持続する傾向が認められているため、服用量を減らして使用してください) 
・てんかんなどのけいれん性疾患、またはこれらの既往歴のある人(けいれんを起こすことがあります) 
・躁うつ病人(躁転、自殺企図が現われることがあります) 
・自殺念慮または自殺企図の既往のある人、自殺念慮のある人 
・脳の器質障害または統合失調症の素因のある人(精神症状を増悪させることがあります) 
・衝動性が高い併存障害を有する人(精神症状を増悪させることがあります) 
・高齢者は体内薬物動態試験で、血中濃度が上昇し薬物の消失が遅延する傾向が認められているので、状態を観察しながら慎重に服用してください。 
・小児などに対する安全性は確立していません。 
・妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。 
・授乳中の人は服用しないことが望ましいとされていますが、やむを得ず服用する場合には授乳を避けてください。

【使用上の注意】 
《重要》 
眠気、めまいなどが起こることがありますので、ミルザ服用中の人は、自動車の運転など危険を伴う機械の操作をしないでください。

《効能・効果に関連して》 
・24歳以下の人は、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、服用にあたっては充分に注意してください。 
・ミルザの有効性は、四環系抗うつ薬(ミアンセリン塩酸塩)と同じなどと判断されているものの、三環系抗うつ薬(イミプラミン塩酸塩)との非劣性は検証されていないため、服用に際しては充分に注意してください。 
・空腹時に服用すると嘔気、嘔吐が強く出現するおそれがありますので、空腹時の服用は避けてください。