タダライズ・プロ20(タダラフィル)20mg(100錠)

3980 円!! シアリス、エレクタリスのジェネリック
食事の影響を受けにくく持続性のある勃起不全治療薬。口内で崩壊、吸収される舌下錠のため即効性抜群。

Tadarise Pro-20 (Tadalafil) - 20mg (10 x 10 Tablets)

■ 10錠x10シート

この商品は必ず男性名義でご注文ください。

(女性名義でご注文の場合、完全返金保障の対象外とさせていただきます。税関で止められる可能性があります。)

3980 円


ご注文数量 単価
2 以上 3780 円
6 以上 3580 円
11 以上 3380 円
   

数 量 :   


 

有効成分

タダラフィル(Tadalafil)

 

製造国

インド

 

製造元

Sunrise Remedies Pvt . Ltd

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1日1回10mgを性行為の約1時間前に経口服用します。
10mgの服用で充分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性または混合型勃起不全の人20mgに増量できます。
1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上とします。

●肝障害のある人
軽度または中等度の肝障害のある人は10mgを超えないようにしてください。
1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上とします。

●腎障害のある人
中等度または重度の腎障害のある人は5mgから服用を開始します。
なお、中等度の腎障害のある人は、最高用量は10mgを超えないこととします。
10mgを服用する場合には服用間隔を48時間以上とします。
重度の腎障害のある人は、5mgを超えないようにしてください。


商品詳細

タダライズ・プロ20は血管の平滑筋を弛緩させる作用のある環状グアノシン一リン酸(サイクリックGMP)を分解するホスホジエステラーゼタイプ5という酵素を特異的に阻害する薬で、勃起不全の治療に使用されている薬です。

勃起不全(ED)は、勃起機能障害、勃起障害とも言われる男性の性機能障害(SD)のひとつで、その名前からイメージするような「完全に勃起ができない状態」ではなく、勃起に時間がかかる、途中で萎える、満足な性交ができないなどの症状を指します。
性的刺激によって脳からの信号が神経を通じて陰茎に伝わると、陰茎海綿体の動脈が開いて血液が流れ込みますが、海綿体が血液を含むことで膨張し、硬くなった状態が勃起です。 勃起は加齢とともに衰えていくというデータがあり、実際に60歳代においては「いつも勃起ができない」または「たまに勃起できる」という人が50%を超えているとの調査結果が出ています。 しかし勃起不全は高齢者に限らず、20代や30代の数パーセントの人でもその症状を自覚し、また40代前半では20%、50代後半ともなると47%の人が勃起不全に関する悩みを持っているとの統計もあります。

勃起不全は陰茎海綿体の動脈が充分に拡がらず、血液の流れ込みが不足することで起こります。その原因は、一般的には年齢や精神的要因にあると言われており、実際、ストレスやコンプレックス、過去のトラウマなど精神的、心理的な要素が原因となって勃起不全を引き起こすことも確かです。しかしそれ以外にも、糖尿病、高血圧症、高脂血症、喫煙、飲酒などの生活習慣や生活習慣病も深く関わっているとされ、これらの症状を持つ人では血管に損傷や問題があり、血流が抑えられてしまうことで陰茎に充分な血液が行き渡らず、勃起不全になる可能性が特に高いと言われています。
さらに、抗うつ薬、降圧薬、利尿剤など中枢神経、末梢神経、循環器系に作用する薬や、脳出血、パーキンソン病などの神経系障害、また手術や事故などが原因となることもあります。

平滑筋細胞を弛緩させ、陰茎により多くの血液を送り込むことで勃起不全の症状を改善する働きを持つのがタダライズ・プロ20です。 有効成分のタダラフィルは、陰茎海綿体に存在して勃起を阻害するホスホジエステラーゼタイプ5(PDE5)酵素を選択的に阻害し、陰茎の動脈および海綿体にある平滑筋内の環状グアノシン一リン酸を増加させる働きをします。この作用により血管が拡張し、結果として血流量が増えることで陰茎組織への血流が増加し、勃起不全を改善します。
タダラフィルの有効性は、国や症状により差がありますが、おおむね70%以上の人に効果が現われたとの優れた結果が出ています。

さらにタダラフィルのこの作用は、肺動脈に存在しているホスホジエステラーゼタイプ5酵素に対しても働きかけるため、肺動脈血管内皮から生成される一酸化窒素(NO)によって活性化させられる環状グアノシン一リン酸の血管拡張作用を増強して血管を拡張することにより、肺動脈血圧を降下させ、心臓にかかる負担を軽減させる効果も期待できることから、肺動脈性高血圧症治療にも有用とされています。


副作用

タダライズ・プロ20を服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
潮紅、動悸、ほてり、血管拡張、心拍数増加、胸痛、狭心症、頻脈、高血圧、低血圧、心筋梗塞、心臓突然死、失神、起立性低血圧、霧視、眼の充血、眼の異常感、耳鳴、視覚障害、眼痛、流涙増加、眼刺激、結膜充血、視野欠損、結膜炎、乾性角結膜炎、眼瞼腫脹、色覚変化、回転性めまい、網膜静脈閉塞、非動脈炎性前部虚血性視神経症、網膜動脈閉塞、消化不良、上腹部痛、悪心、胃食道逆流性疾患、下痢、口内乾燥、胃炎、嘔吐、腹部・胃(胸部)不快感、便秘、腹部膨満、軟便、胃刺激症状、嚥下障害、食道炎、AST(GOT)上昇・ALT(GPT)上昇・γ-GTP上昇などの肝機能所異常、ALP上昇、胃機能障害、尿酸値上昇、背部痛、筋痛、四肢痛、関節痛、筋けいれん(筋収縮)、筋骨格痛、筋骨格硬直、頚部痛、臀部痛、頭痛、めまい、睡眠障害、錯感覚、傾眠、不安、脳卒中、感覚鈍麻、片頭痛、排尿困難、勃起増強、意図しない勃起、持続勃起症、勃起の延長、鼻閉、鼻炎、副鼻腔うっ血、呼吸困難、喀血、鼻出血、咽頭炎、紅斑、多汗、爪囲炎、そう痒症、疲労、無力症、疼痛、体重増加、倦怠感、熱感、末梢性浮腫、粘膜浮腫、口渇

●極稀に起こる重篤な副作用
過敏症(発疹、じんましん、顔面浮腫、剥脱性皮膚炎、スティーブンス・ジョンソン症候群)

特別な注意

以下の場合、タダライズ・プロ20を絶対に服用しないでください。
・タダライズ・プロ20の成分に対し過敏症の既往歴のある人
・硝酸剤または一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)を使用中の人
・心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる人
・不安定狭心症のある人または性交中に狭心症を発現したことのある人
・コントロール不良の不整脈、低血圧(血圧90<50mmHg)またはコントロール不良の高血圧(安静時血圧>170/100mmHg)のある人
・心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内にある人
・脳梗塞・脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内にある人
・重度の肝障害のある人
・網膜色素変性症の人: 網膜色素変性症の人にはホスホジエステラーゼ(PDE)遺伝的障害を持つ症例が少数認められます。

【警告】
・タダライズ・プロ20と硝酸剤または一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下降させることがあるので、タダライズ・プロ20の使用前に、硝酸剤または一酸化窒素供与剤が使用していないことを充分確認し、タダライズ・プロ20服用中および服用後においても硝酸剤または一酸化窒素供与剤を使用しないように充分注意してください。
・死亡例を含む心筋梗塞などの重篤な心血管系などの有害事象が報告されているので、タダライズ・プロ20服用の前に、心血管系障害の有無などを充分確認してください。

【慎重服用】
・陰茎の構造上欠陥(屈曲、陰茎の線維化、Peyronie病など)のある人: 性行為が困難であり痛みを伴う可能性があります。
・持続勃起症の素因となり得る疾患(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病など)のある人
・PDE5阻害剤またはほかの勃起不全治療剤を使用中の人: これらの薬剤との併用使用の経験がありません。
・出血性疾患または消化性潰瘍のある人: 試験でニトロプルシドナトリウム(NO供与剤)の血小板凝集抑制作用を増強することが認められています。出血性疾患または消化性潰瘍のある人に対する安全性は確立していません。
・高齢者(65歳以上)
・α遮断剤を使用中の人
・チトクロームP450 3A4(CYP3A4)を強く阻害する薬剤を使用中の人: タダライズ・プロ20の血漿中温度が上昇することが認められているので、低用量(5mg)から開始し、服用間隔を充分にあける(10mgを服用する場合は服用間隔を48時間以上)など慎重に服用してください。なお服用量は10mgを超えないようにしてください。

【重要な基本的注意】
・服用に際しては、勃起不全およびその基礎疾患の診断のため、既往歴の調査や諸検査を行ない、客観的な診断に基づき臨床上治療が必要とされる人に限定してください。
・性行為は心臓へのリスクを伴うため、また重度勃起不全の人においては心血管系イベントの危険因子を有する割合が高いと考えられるため、勃起不全の治療を開始する前に心血管系の状態に注意を払ってください。
・コントロールが充分でない高血圧の人においては、タダライズ・プロ20の血管拡張作用により血圧下降を生じる可能性があるので注意してください。
・4時間以上の勃起の延長または持続勃起(6時間以上持続する痛みを伴う勃起)が外国にてごくまれに報告されています。持続勃起に対する処置を速やかに行なわないと陰茎組織の損傷または持続勃起機能を永続的に損なうことがあるので、勃起が4時間以上持続する症状が見られた場合、直ちに医師の診断を受けてください。
・タダライズ・プロ20は催淫剤または性欲増進剤ではありません。
・臨床試験において、めまいや視覚障害が認められているので、高所作業、自動車の運転など危険を伴う機械を操作する際には注意してください。

【適用上の注意】
・タダライズ・プロ20は服用後36時間後まで有効性が認められていることから、その期間は安全性について充分配慮してください。
・タダライズ・プロ20は食事の有無にかかわらず服用できます。

【その他の注意】
・薬剤との因果関係は明らかではありませんが、外国においてタダラフィルを含むPDE5阻害剤使用中に、まれに視力低下や視力喪失の原因となりうる非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)の発現が報告されています。これらの人の多くは、NAIONの危険因子(50歳以上、糖尿病、高血圧、冠動脈障害、高脂血症、喫煙など)を有していました。
・薬剤との因果関係は明らかではありませんが、外国においてタダラフィルを含むPDE5阻害剤服用後に、まれにけいれん発作の発現が報告されています。
・薬剤との因果関係は明らかではありませんが、外国においてタダラフィルを含むPDE5阻害剤服用後に、まれに急激な聴力低下または突発性難聴が報告されています。これらの人では、耳鳴りやめまいを伴うことがあります。
・タダライズ・プロ20には性行為感染症を防ぐ効果はありません。
・アルコール飲用時にタダラフィルを服用した外国の臨床薬理試験において、アルコール血中濃度、タダラフィルの血漿中濃度のいずれも相互に影響を受けませんでしたが、アルコールを高用量(0.7g/kg)飲用した人において、めまいや起立性低血圧が報告されています。

高齢者では一般に性器機能が低下しているため、慎重に服用してください。

女性に対する適応はありません。

小児などに対する適応はありません。


 


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただき、ご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし、当商品についてよく理解した上で、適量をご自分の責任において使用してください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が生じたとしても、用量にかかわらず救済対象とはならず、その制度からの保障を受けることはできません。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましても、当店ではお返事できませんので、悪しからずご了承ください。