ゲンケラン2(クロラムブシル)2mg(30錠)【要冷蔵商品】

16200 円!! 増殖した白血球数をコントロールし、慢性リンパ性白血病と悪性リンパ腫の症状を改善!がん細胞を自然死に誘導することで死滅させます!奏功率が高いため、単剤服用でもすぐれた作用を発揮!
※ご注文の際は注意事項を必ずお読みください。
※※1回のご注文でご購入いただける数量は1個までとさせて頂きます。※※
注意:当商品は税関で薬監証明の提示が必要となる可能性があります。書類についてはお客様側でご用意ください。

当商品は保冷剤入りEMS(国際スピード郵便)のみでの配送となります。ほかの商品をご注文いただいた場合、同じ梱包でまとめて発送します。

Genkeran 2 (Chlorambucil) - 2mg (30 Tablets)

■ 30錠

16200 円

数 量 :   


 

有効成分

クロラムブシル(Chlorambucil)

 

製造国

インド

 

製造元

Intendis ()

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。

実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。


通常、成人の1日の服用量は、体重1キログラムにつき0.1-0.2mgを目安として経口服用しますが、標準的な服用量は1日4-10mgです。

服用期間は症状に応じて3-6週間とします。

商品詳細

ゲンケラン2は、慢性リンパ性白血病およびリンパ肉腫、巨大濾胞(ろほう)性リンパ腫、ホジキン病などの悪性リンパ腫の症状を改善する薬です。


慢性リンパ性白血病は、「血液のがん」と呼ばれている白血病の一種で、欧米では白血病全体の約30%を占めているといわれているほど頻度の高い病気です。しかし東南アジアでの発症率は低く、日本においては年間10万人につき1-3人前後とされています。また男性は女性よりも2-3倍多く発症し、さらに慢性リンパ性白血病にかかる人の4分の3以上が60歳以上という統計があり、小児ではほとんど発症しません。


この病気の特徴は、初期の段階では一般的に症状がないため発症に気付きにくく、健康診断やほかの病気の検査で偶然に発見されるのが多いことです。慢性リンパ性白血病は成熟したリンパ球ががん化して、少しずつリンパ節の正常な細胞に取って代わります。そのため血液とリンパ節内で増殖した悪性の成熟リンパ球はやがて肝臓と脾臓に拡がり、腫れを生じさせます。そのほか主な症状として、全身倦怠感、リンパ腫肥大、食欲減退、体重減少などがあります。また症状が進行すると、骨髄が正常な細胞を充分につくることができなくなるため、体内の酸素運搬や感染の防御、出血防止などの機能が働かなくなり、場合によっては死にいたることもあります。


一方、悪性リンパ腫はリンパ組織に発生する進行性の悪性腫瘍で、リンパ球がつくられる部位ならどこにでも発症する可能性があり、特に顎部、わきの下、鼠径部に出現することが多いようです。原因は今のところはっきりとはわかっていませんが、血液やリンパ液の流れに乗って全身に拡がり、またリンパ節を中心に浸潤し、リンパ節を肥大させる点がリンパ性白血病とは異なります。

このうちリンパ肉腫はリンパ球ががん化することにより肉腫が発生する病気です。肉腫とは骨、軟骨、脂肪、筋肉、血管などの非上皮性細胞由来の組織に発現するがんのことです。また濾胞性リンパ腫は進行が年単位といわれる低悪性度リンパ腫で、症状もほとんどあらわれず、この病気にかかっても通常は10年以上生存するとされています。状況により腫瘍が小さくなることもありますが、再発を繰り返したり、症状がひどくなる場合もあります。

また特殊ながん細胞を持つことを特徴とするホジキン病では、1ヵ所または複数のリンパ節が腫れて大きくなります。特に頚部のリンパが腫れることが多いようですが、わきの下、足の付け根などのリンパが腫れることもあります。15-34歳と60歳以上に多く発症し、発熱、寝汗、体重減少、かゆみ、疲労などの症状が起こることもあり、またリンパの腫れる部位によっては咳、胸部不快感、腹部の不快感などを伴うこともあります。


白血球量をコントロールし、がん細胞のDNAと相互に作用してがん細胞を死滅させる作用を持つ薬がゲンケラン2です。ゲンケラン2の有効成分であるクロラムブシルはアルキル化剤と呼ばれ、腫瘍細胞のアポトーシス(細胞の自然死)を誘導してがん細胞の増殖を抑制することで、抗がん効果を発揮すると考えられています。またその奏功率の高さから、欧米では第一選択薬として使用されています。慢性リンパ性白血病や悪性リンパ腫に対しては、このようなソフトかつ穏やかな治療が原則であるとされ、一定期間の治療で症状が改善した場合は、一時的に治療を中断して経過を観察するのが一般的です。


なお、ゲンケラン2は2-8℃の間で保存してください。


1回のご注文でご購入いただける数量は1個です。また商品は保冷剤と共に発泡スチロール箱に入れてEMS(国際スピード郵便)のみでの配送となります。ほかの商品をご注文いただいた場合、同じ梱包でまとめて発送します。
注意:当商品は税関で薬監証明の提示が必要となる可能性があります。必要書類はお客様ご自身でご用意ください。また書類不備などにより通関ができない場合、当店はその一切の責任を負わないものとし、要冷蔵商品の性質上返金の対象外となります。


副作用

ゲンケラン2を服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。


●主な副作用

骨髄抑制、吐き気、嘔吐、下痢、口腔内潰瘍、ふるえ、筋収縮、間代性筋けいれん、精神錯乱、興奮、運動失調、感覚異常、幻覚、そう痒、血管神経性浮腫、多形性紅斑、中毒性表皮剥離症、スティーブンス・ジョーンズ症候群、肺線維症、肝毒性、黄だん、薬剤熱、末梢神経障害、間質性肺炎、無菌性膀胱炎、不妊症、白血病、二次性悪性腫瘍


特別な注意

【禁忌】

・ゲンケラン2の成分に対して過敏症の既往歴のある人


【使用上の注意】

・2-8℃の間で保存してください。

・慢性リンパ性白血病や悪性リンパ腫の人以外はリューケラン2mgを服用しないでください。悪性疾患および非悪性疾患の治療中の人でクロラムブシルを服用し、けいれん、不妊、白血病、二次性悪症腫瘍がみられたとの報告があります。

・クロラムブシル治療を受けた悪性疾患および非悪性疾患の人で、急性白血病が発生したとの報告が多数あります。ほとんどの場合、これらの人はほかの化学療法薬または放射線治療も併用していました。

・思春期前および思春期の人がクロラムブシルを服用した場合、無毛症が報告されています。また長期服用の大人の場合では無精子症がみられることがあります。

・ゲンケラン2服用中はリンパ球が少しずつ減少していきますが、服用を中止すると急激に元に戻ります。

・服用3週間後あたりから好中球が減少することがあり、最後の服用後も10日ほど続くことがありますが、その後急激に元に戻ります。

・最初の好中球減少がみられた場合、服用を中止する必要はありませんが、白血球数や血小板数が標準を下回った場合はただちに服用を中止してください。

・化学療法または放射線治療後は脊髄が弱っているため、ゲンケラン2を全量服用するまで4週間以上かけてください。

・持続的な好中球や血小板の低下や末梢リンパ球数増加は骨髄浸潤を意味します。骨髄検査により確認された場合は、ゲンケラン2の1日の服用量は0.1mg/kgを超えないようにしてください。

・ゲンケラン2の1回の服用量が20mgを超える場合、吐き気や嘔吐を引き起こすおそれがあります。

・ネフローゼ症候群を持つ子どもや高服用量の人では発作を起こすリスクが高くなるため、これらの既往歴のある人は充分に注意してください。

・ゲンケラン2の服用中は、定期的に血液検査を受けてください。


【高齢者】

・低用量から服用開始するなど状況を観察しながら充分に注意して服用してください。


【妊婦、授乳婦】

・妊娠中の人はゲンケラン2を服用しないでください。

・授乳中の人はゲンケラン2の服用を避けてください。万一、服用の必要性がある場合は授乳を中止してください。


【小児など】

・小児などの服用に関する安全性は確立されていません。


 


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただき、ご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし、当商品についてよく理解した上で、適量をご自分の責任において使用してください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が生じたとしても、用量にかかわらず救済対象とはならず、その制度からの保障を受けることはできません。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましても、当店ではお返事できませんので、悪しからずご了承ください。