クロフラニル(塩酸クロミプラミン)25mg 10錠

330 円!! マイルドな鎮静作用と意欲亢進作用で感情の調整や不安の鎮静にすぐれた三環系抗つ剤。

Clofranil (Clomipramine) - 25mg (10 Tablets)

■ 10錠

330 円


ご注文数量 単価
2 以上 310 円
6 以上 300 円
   

数 量 :   


 

有効成分

塩酸クロミプラミン(Clomipramine Hydrochloride)

 

製造国

インド

 

製造元

Sun Pharmaceutical Ind.

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。 
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

●うつ病
通常、成人は1日1回10mgから経口服用を開始し、その後症状に応じて、1日30-150mgまで徐々に増量していきます。

●強迫障害・恐怖症・パニック障害 
通常、成人は1日25mgから経口服用を開始し、2週間以上かけて徐々に1日100-150mgまで増量していきます。

●脱力発作ナルコレプシー
通常、成人は1日1回10mgから経口服用を開始し、症状に応じて徐々1日10-75mgまで増量していきます。

・クロフラニル25mgは分割服用も可能ですが、薬の作用が継続する半減期が長いため、就寝前に1回にまとめての服用が推奨されています。


商品詳細

クロフラニル25mgは、うつ病および慢性痛、遺尿症の治療薬です。 
特に強迫(性)障害(OCD)、引きこもりを伴う/伴わないパニック発作に対して効果を現わします。

強迫障害は精神障害のひとつで、不要な考えが頭に繰り返し起こる「強迫観念」と、それを打ち消すために行なわれる「強迫行為(強迫儀式)」の両方が存在して初めて強迫障害と診断されます。 
強迫観念は、ある特定の考えやイメージが強迫的に、何度も頭の中に繰り返し浮かぶことで、例えば、 
・食べ物が汚染されているかも… 
・トイレや電車のつり革からばい菌が移るかも… 
といった「潔癖」に関することのほかにも、 
・家の鍵をかけ忘れたかも… 
・ガスにやかんをかけっぱなしだったかも… 
・今読んでいる本の中の何行かを読み飛ばしたかも… 
などの「不安感」、さらに 
・行動を起こすときに、必ず自分で決まった順序で行なわないと落ち着かない 
・本がすべて「あいうえお」順でないと気が済まない 
・左右対称でないと気になる 
・4や9といった数字が不吉に思え、それを避けて行動する 
・いつか人を傷つけるのではないか 
・あるイメージや言葉、音楽、数字などが頭から離れない 
といったことが挙げられます。 
またその強迫観念を打ち消すために必要以上に手や衣服を洗う、何度も家に戻って鍵をかけたかどうか確認する、外出中に何が起こるか不安なために外出できない、などの「強迫行動」を起こします。

パニック障害はアメリカでは100人に3人の割合で発症し、日本でもほぼ同率で発症していると言われており、近年ではあまり珍しくない病気です。 
その症状は、突然今にも死にそうな動悸や息苦しさ、めまい、吐き気、手足のふるえなどが起こることに始まります。 
しかし病院で精密検査を受けても何の異常も見つからず、さらに、この発作がまたいつ起こるのかという不安が付きまとうようになり、人の集まる場所や発作が起きた場合に逃げられないような場所を避けるようになる「広場恐怖症」が起こり、その結果として外に出ることができなくなるなど、社会生活に支障をきたすようになります。

強迫障害もパニック障害も今のところはっきりした原因はわかっていませんが、これらの症状改善にすぐれた効果を現わしているのがクロフラニル25mgの主要成分である塩酸クロミプラミンです。 
塩酸クロミプラミンは1960年代にスイスで開発された第一世代の三環系抗うつ剤に属し、脳内のセロトニンやノルアドレナリンといったモノアミン神経伝達物質が神経細胞内に再吸収(再取り込み)されるのを阻害します。

脳内の神経伝達物質はニューロン(神経細胞)から放出され、受容体と呼ばれる細胞膜上に存在しているタンパク質と結合することによって初めて作用しますが、受容体と結合しなかったものはトランスポーターと呼ばれる部分から再利用のために神経細胞内に取り込まれ(吸収されて)しまいます。 
塩酸クロミプラミンはモノアミンを再取り込みするトランスポーターを特異的に阻害することにより脳内における神経伝達物質の減少やバランスの崩れを抑制することによって、強迫障害やパニック障害発症の発現を抑える作用があるとされています。

また、塩酸クロミプラミンが属する三環系抗うつ剤には「抗コリン作用」という副作用を伴います。 
抗コリン作用は神経と神経、また神経と筋肉の間で情報を伝達する役割をするアセチルコリンという神経伝達物質の働きを阻害する作用のことで、主な症状として排尿困難、便秘、眠気、めまい、血圧低下などがあります。 
この排尿困難の副作用を逆手に取って、クロフラニル25mgは遺尿症(おもらし)の治療にも使用されています。 
遺尿症はぼうこう括約筋の機能低下や排尿に関する神経に異常が起こり、尿が無意識に漏れてしまう症状で大人では中高年の神経過敏な女性や前立腺肥大症の男性に多くみられます。夜尿症(おねしょ)も遺尿症の一種です。


副作用

クロフラニル25mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

・主な副作用 
起立性低血圧、心電図異常(QT延長など)、頻脈、不整脈、心ブロック、血圧上昇、血圧降下、動悸、眠気、知覚異常、幻覚、せん妄、精神錯乱、攻撃的反応、激越、悪夢、抑うつ悪化、記憶障害、離人症、ミオクロヌス、意識障害、錐体外路障害(パーキンソン症状、ふるえ、アカシジアなど)、そう状態、不眠、あくび、性機能障害、言語障害、不安、集中力欠如、運動失調、口渇、眼内圧亢進、緑内障、尿閉、排尿困難、視調節障害(散瞳など)、便秘、光線過敏症、脱毛、発疹、そう痒感、白血球減少、血小板減少、紫斑、点状出血、好酸球増多、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、味覚異常、悪心、嘔吐、食欲不振、下痢、プロラクチンの分泌促進、乳房肥大、乳汁漏出、体重増加、口周部などの不随意運動、ふらつき、めまい、食欲亢進、むくみ、倦怠感、脱力感、頭痛、発汗、異常高熱、熟感

・極稀に起こる重篤な副作用 
悪性症候群(無動緘黙、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗などの発現に続く発熱)、セロトニン症候群(不安、焦燥、せん妄、興奮、発熱、頻脈、ふるえ、ミオクロヌス、反射亢進、下痢など)、横紋筋融解症(筋肉痛、脱力感、CK上昇、血中および尿中ミオグロビン上昇)、無顆粒球症、汎血球減少、まひ性イレウス、間質性肺炎、好酸球性肺炎、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(低ナトリウム血症、低浸透圧血症、尿中ナトリウム排泄量の増加、高張尿、けいれん、意識障害など)、QT延長、心室頻拍、肝機能障害、黄だん


特別な注意

効能・効果に関連する使用上の注意 
抗うつ剤の服用により、24歳以下で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、クロフラニル25mgの服用にあたってはリスクとベネフィットを考慮してください。

以下の場合、クロフラニル25mgを慎重に服用してください。 
・排尿困難または眼内圧亢進などのある人: 抗コリン作用により症状が悪化することがあります。

・心不全、心筋梗塞、狭心症、不整脈(発作性頻拍、刺激伝導障害など)などの心疾患のある人または甲状腺機能亢進症の人: 循環器系に影響をおよぼすことがあります。

・てんかんなどのけいれん性疾患またはこれらの既往歴のある人: けいれんを起こすことがあります。なお米国における臨床試験の結果、クロフラニル25mgの用量とてんかん発作出現に明らかな相関関係が認められています。

・そううつ病の人: そう転、自殺企図が現われることがあります。

・衝動性が高い併存障害を有する人: 精神症状を増悪させることがあります。

・脳の器質障害または統合失調症の素因のある人: 精神症状を増悪させることがあります。

・自殺念慮または自殺企図の既往のある人、自殺念慮のある人: 自殺念慮、自殺企図が現われることがあります。

・副腎髄質腫瘍(褐色細胞腫、神経芽細胞腫など)のある人: 高血圧発作を引き起こすおそれがあります。

・重篤な肝・腎障害のある人: 代謝、排泄障害により副作用が現れやすくなります。

・低血圧のある人: 高度の血圧低下が起こることがあります。

・低カリウム血症のある人: 低カリウム状態はQT延長の危険因子と考えられます。

・高度な慢性の便秘のある人: 抗コリン作用により症状が悪化することがあります。

・小児または高齢者: 小児が服用する場合は4歳以上であることが望ましいとされています。

以下の場合、クロフラニル25mgを絶対に服用しないでください。 
・緑内障のある人: 抗コリン作用により眼圧を上昇させるおそれがあります。

・クロフラニル25mgの成分または三環系抗うつ剤に対し過敏症の既往歴のある人。 
・心筋梗塞の回復初期の人: 症状を悪化させるおそれがあります。

・尿閉(前立腺疾患など)のある人: 抗コリン作用により症状が悪化することがあります。

・MAO阻害剤(セレギリン)を服用中または服用中止後2週間以内の人: 発汗、不穏、全身けいれん、異常高熱、昏睡などが現われるおそれがあります。

・チオリダジンを服用中の人: QT延長、心室性不整脈などを起こすおそれがあります。

・QT延長症候群のある人: 心室性不整脈を起こすおそれがあります。

 

【重要な基本的注意 】
・眠気、注意力・集中力・反射運動能力などの低下が起こることがあるので、クロフラニル25mgの服用中は自動車の運転など危険を伴う機械の操作には従事しないように注意してください。

・うつ症状を呈する患者は希死念慮があり、自殺企図のおそれがあるので、このような人は服用開始早期ならびに服用量を変更する際に状態および病態の変化を注意深く観察してください。

・不安、焦燥、興奮、パニック発作、不眠、易刺激性、敵意、攻撃性、衝動性、アカシジア/精神運動不穏、軽そう、そう病などが現われることが報告されています。 
また因果関係は明らかではありませんが、これらの症状、行動をきたした症例において、基礎疾患の悪化または自殺念慮、自殺企図、他害行為が報告されています。

・自殺目的での過量服用を防ぐため、自殺傾向が認められる人が服用する場合は、1日分の服用日数を最小限にとどめてください。

・服用量の急激な現象もしくは服用の中止により、吐き気、頭痛、倦怠感、易刺激性、情緒不安、睡眠障害、筋けい縮などの離脱症状が現われることがあります。

高齢者では、起立性低血圧、ふらつき、抗コリン作用による口渇、排尿困難、便秘、眼内圧亢進などが現れやすいため、少量から服用を開始するなど状態を観察しながら慎重に服用してください。

新生児に呼吸困難、嗜眠、チアノーゼ、興奮性、低血圧、高血圧、けいれん、筋けい縮、ふるえなどの離脱症状を起こしたとの報告があるため、妊婦または妊娠している可能性のある人は服用しないでください。

母乳中へ移行することが報告されているため、クロフラニル25mg服用中は授乳を避けてください。

三環系抗うつ剤の長期服用で、う歯発現の増加を招くことが報告されています。

連用中は定期的に肝・腎機能検査および血液検査を行なうことが望ましとされています。

クロフラニル25mg服用中にコンタクトレンズを使用している場合、抗コリン作用による涙液分泌の減少により角膜上皮の障害が現われるおそれがあります。