クレサー40(テルミサルタン)40mg(30錠)

1800 円!! ミカルディスのジェネリック 1日1回の服用で安定した降圧作用を持続する高血圧症治療薬。

Cresar 40 (Telmisartan) - 40mg (30 Tablet)

■ 30錠

1800 円

数 量 :   


 

有効成分

テルミサルタン(Telmisartan)

 

製造国

インド

 

製造元

Cipla

使用量

通常、成人は1日1回40mgを経口服用します。

ただし1日20mgから服用を開始し、漸次増量します。

なお、年齢・症状により適宜増減しますが、1日の最大服用量は80mgまでとします。


商品詳細

高血圧の治療に使用される薬は大きく分けて、利尿薬、β(ベータ)遮断薬、カルシウム拮抗薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬、ACE阻害薬などがあり、クレサー40は、このうちアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)に属する薬です。


アンジオテンシンIIは、受容体と呼ばれる受け皿と結合して血圧を上げる働きをする物質です。クレサー40の有効成分であるテルミサルタンは、服用後速やかに吸収され、アンジオテンシンIIの代わりにこの受容体と結合するために、血液量の増加と血管の抵抗性上昇のシグナルが伝達されなくなります。これにより昇圧作用を示すことができなくなり、結果として降圧効果を発揮します。


アンジオテンシンⅡ受容体阻害薬にはいくつか種類があり、その多くは腎臓で排泄されたり肝臓で代謝を受けるため、これらの機能が弱っている人では使用が難しいことがあります。ところがテルミサルタンはほぼ100%の割合で肝臓から胆汁と一緒に排泄されるのに加え、多くの薬が肝臓で代謝が行なわれる際にCYPと呼ばれる酵素が重要であるのに対し、テルミサルタンはこの酵素による代謝を受けないため、薬同士の相互作用が比較的少ない薬でもあります。


なお、テルミサルタンの半減期は20-24時間であり、1日1回の服用で持続的に血圧を下げることができます。


副作用

●主な副作用

そう痒、発疹、じんましん、紅斑、めまい、不安感、頭痛、眠気、頭のぼんやり感、不眠、抑うつ状態、白血球減少、血小板減少、ヘモグロビン減少、貧血、好酸球上昇、低血圧、ほてり、心悸亢進、ふらつき、上室性期外収縮、心房細動、上室性頻脈、起立性低血圧、徐脈、腹痛、下痢、嘔気、食欲不振、消化不良、胃炎、口渇、口内炎、鼓腸、嘔吐、AST(GOT)、ALT(GPT)、AL-P、LDH上昇などの肝機能異常、咳、喀痰増加、咽頭炎、血清クレアチニン上昇、血中尿酸値上昇、関節痛、背部痛、下肢けいれん、下肢痛、筋肉痛、腱炎、血清カリウム上昇、耳鳴、倦怠感、CRP陽性、CK(CPK)上昇、浮腫、脱力感、発熱、頻尿、結膜炎、目のチカチカ感、羞明、視覚異常、多汗、胸痛、尿路感染、膀胱炎、敗血症、しびれ、味覚異常、上気道感染、インフルエンザ様症状


●極稀に起こる重篤な副作用

血管浮腫、高カリウム血症、腎機能障害、ショック、失神、意識消失、肝機能障害、黄だん、低血糖、アナフィラキシー、間質性肺炎、横紋筋融解症


特別な注意

【禁忌】

・クレサー40の成分に対し過敏症の既往歴のある人

・妊婦または妊娠している可能性のある人

・胆汁の分泌が極めて悪い人、または重篤な肝障害のある人

・アリスキレンフマル酸塩を使用中の糖尿病患者(ただし、ほかの高圧治療を行なってもなお血圧のコントロールが著しく不良の人を除く): 非致死性脳卒中、腎機能障害、高カリウム血症および低血圧のリスク増加が報告されています。


【慎重服用】

・両側性腎動脈狭窄のある人または方腎で腎動脈狭窄のある人

・高カリウム血症の人

・肝障害のある人: クレサー40は主に胆汁中に排泄されるため、テルミサルタンのクリアランスが低下することがあります。また、外国において肝障害患者でテルミサルタンの血中濃度が約3-4.5倍上昇することが報告されています。

・重篤な腎障害のある人: 腎機能を悪化させるおそれがあるため、血清クレアチニン値3.0mg/dL以上の場合には、慎重に服用してください。

・脳血管障害のある人: 角の高圧が脳血流不全を引き起こし、病態を悪化させるおそれがあります。

・高齢者


【重要な基本的注意】

・両側性腎動脈狭窄のある人または片腎で腎動脈狭窄のある人においては、腎血流量の減少や糸球体ろ過圧の低下により急速に腎機能を悪化させるおそれがあるので、治療上やむを得ないと判断される場合を除き、使用は避けてください。

・高カリウム血症の人においては、高カリウム血症を増悪させるおそれがあるので、治療上やむを得ないと判断される場合を除き、使用は避けてください。

また、腎機能障害、コントロール不良の糖尿病などにより血清カリウム値が高くなりやすい人では、高カリウム血症が発現するおそれがあるので、血清カリウム値に注意してください。

・アリスキレンフマル酸塩を併用する場合、腎機能障害、高カリウム血症および低血圧を起こすおそれがあるため、状態を観察しながら慎重に服用してください。なお、eGFRが60mL/min/1.73㎡未満の腎機能障害のある人でのアリスキレンフマル酸塩との併用については、治療上やむを得ないと判断される場合を除き避けてください。

・クレサー40の服用により、急激な血圧低下を起こすおそれがあるので、以下の人では特に状態を充分に観察してください。また、増量する場合は徐々に行なってください。

1) 血液透析中の人

2) 利尿降圧剤を服用中の人

3) 厳重な減塩療法中の人

・高圧作用に基づくめまい、ふらつきがあらわれることがあるので、高所作業、自動車の運転など危険を伴う機械を操作する際には注意してください。

・手術前24時間は服用しないことが望ましいとされています。

・クレサー40を含むアンジオテンシンII受容体拮抗剤服用中に肝炎などの重篤な肝障害があらわれたとの報告があります。肝機能検査を実施するなど、観察を充分に行ない、異常が認められた場合には服用を中止するなど適切な処置を行なってください。


 


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただき、ご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし、当商品についてよく理解した上で、適量をご自分の責任において使用してください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が生じたとしても、用量にかかわらず救済対象とはならず、その制度からの保障を受けることはできません。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましても、当店ではお返事できませんので、悪しからずご了承ください。