アロー・フルオキセチン分散錠(塩酸フルオキセチン)20mg 30錠

1360 円!! プロザックのジェネリック
服用後1-2週間で効果があらわれうつ症状のみでなく月経前不快気分障害(PMDD)、強迫性障害にも有効な抗うつ剤。

Arrow-Fluoxetine Dispersible (Fluoxtine Hydrochloride) - 20mg (30 Tablets)

■ 30錠

1360 円


ご注文数量 単価
2 以上 1300 円
   

【現在、在庫切れとなっています】


 

有効成分

塩酸フルオキセチン/塩酸フロキセチン(Fluoxetine Hydrochloride)

 

製造国

ニュージーランド

 

製造元

Actavis

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。 
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

●うつ病
通常、成人は1日1錠を経口服用します。

●神経性過食症
通常、成人は1日3錠を経口服用します。

●強迫性障害
通常、成人は1日1-3錠を経口服用します。

●月経前不快気分障害
通常、成人は月経周期の間中1日1錠を経口服用します。
なお最大服用期間は6ヵ月までとします。

アロー・フルオキセチン分散錠20mgは食事の影響を受けないので、食前・食後のいずれの服用でも問題ありませんが、毎日同じ時間に服用するようにしてください。


商品詳細

アロー・フルオキセチン分散錠20mgは、うつ病をはじめ、神経性大食症(過食症)、強迫性障害、月経前不快気分障害の症状を改善する薬です。

うつ症状は、気分の落ち込み、意欲低下、不安などの精神的な症状や、睡眠障害、全身倦怠感、疲労感といった身体的症状が現われることによって、日常生活に影響を与える状態のことです。こういった症状は、短い人で数週間、長い人になると数ヵ月以上も続くとされており、セロトニンやノルアドレナリンといった脳内の神経伝達物質のバランスがくずれることで起こると言われています。

セロトニンは、行動に対しては抑制的に、また気分に対しては向上させる方向に働くとされており、ドーパミンやノルアドレナリンなどのほかの神経伝達物質をコントロールすることによって神経安定作用を示す物質です。またノルアドレナリンは、神経を興奮させる働きを持ち、意欲、不安、恐怖などと深い関係を持つ一方で、気分を明るくする作用も持っているとされています。脳内のセロトニンが減少し、その働きが悪くなると不安、落ち込み、焦燥感といった気分障害が引き起こされ、さらにノルアドレナリンの減少は気分や行動力の減退につながることから、これらの神経伝達物質の減少や機能の低下がうつ病を引き起こすのではないか、というのが有力な説です。

これらの神経伝達物質はニューロン(神経細胞)から放出され、受容体と呼ばれる細胞膜上に存在しているタンパク質と結合することによって初めて作用します。しかし受容体と結合しなかった物質はトランスポーターと呼ばれる部分から再利用のために神経細胞内に取り込まれ(吸収されて)てしまい、その後はその神経伝達能力を終焉させられてしまうため、結果として脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が減少します。

神経伝達物質が再取り込みされるのを阻害し、脳内のセロトニンとノルアドレナリンの濃度を上昇させることで、うつ症状をやわらげる効果を持つのが、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)であるアロー・フルオキセチン分散錠20mgです。有効成分の塩酸フルオキセチンは、このセロトニンとノルアドレナリンを取り込むトランスポーターに特異的に結合し、その働きを阻害します。この働きにより前シナプスより放出されたセロトニンとノルアドレナリンの濃度を上昇させ、その作用を増長、増強することによってうつ病の症状を改善する作用を発揮すると考えられています。

そのほかにもフルオックス20mgは、ストレスや心理的空白などが原因となって、大量の飲食の後に、無理に嘔吐したり、下剤や薬剤などで強制的に食べたものを排泄する、といった行為を繰り返す摂食障害である神経性大食症(過食症)や、月経の1週間ほど前から、生活の質を極端に下げるほど気分が悪化する月経前不快気分障害(PMDD)、さらに自分でコントロールできない不快な考え(強迫観念)が頭に浮かび、それを払しょくしようとして行なうさまざまな行為(強迫行為)から成る一連の精神障害である強迫性障害の症状を改善するためにも使用されます。


副作用

アロー・フルオキセチン分散錠20mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
疲労感、過敏反応、悪寒、異常感、日光過敏症、血清病、アナフィラキシー様反応、血管炎、セロトニン症候群、軽度の頭痛、動悸、血管拡張、低血圧、起立性低血圧、下痢、吐き気、食欲不振、消化不良、胃腸障害、口渇、嘔吐、嚥下障害、食道痛、斑状出血、体重減少、筋肉の単収縮、不安感、めまい、頭痛、不眠症、神経質、眠気、ふるえ、異常夢、歯ぎしり、頬舌症候群、離人症、運動障害、そう反応、間代性筋けいれん、発作、精神運動亢進、あくび、そう痒、発疹、発汗、じんましん、脱毛症、視覚異常、味覚倒錯、散瞳、勃起異常、婦人科的出血、インポテンス、頻尿、無オルガスム症、胸痛、性機能障害、排尿障害、持続勃起症、悪性高体温症、スティーブンス・ジョーンズ症候群、多形性紅斑、血管性浮腫、肝機能異常、肝障害亢進、肝不全、特異肝炎、抗利尿ホルモンの異常分泌、好酸球増多、血小板減少性紫斑病、出血症状(婦人科的出血、胃腸出血、皮膚または粘液性出血)、注視けいれん、遅発性ジスキネジー、表皮剥離症、クリトリス肥大、女性化乳房


特別な注意

以下の場合、アロー・フルオキセチン分散錠20mgを絶対に服用しないでください。
・アロー・フルオキセチン分散錠20mgの成分に対して過敏症の既往歴のある人
・MAOIs(モノアミン酸化酵素阻害薬)を服用している人: MAOIとの併用またはMAOI服用中止後14日以内のアロー・フルオキセチン分散錠20mgの服用は絶対に避けてください。またアロー・フルオキセチン分散錠20mgの中止後少なくとも5週間はMAOI治療を行なわないでください。深刻な、または致死的なセロトニン症候群が報告されています。

アロー・フルオキセチン分散錠20mgを含む抗うつ剤の服用または早期治療終了後に、24歳未満の人で自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があります。服用については危険と利益を考慮してください。

主なうつ病エピソードは双極性障害と考えられていますが、一般的に抗うつ剤単剤による治療は、双極性障害のリスクのある人においては混合エピソード/そうエピソードを増加させる可能性があるとされています。

塩酸フルオキセチンの服用で、重篤で、皮膚、腎臓、肝臓、肺を含む発疹、アナフィラキシー様イベント、全身性進行性イベントの発生が報告されています。このような症状が現われた場合は、ただちに服用を中止してください。

発作の既往歴のある人は、充分に注意して服用してください。

特に高齢者、利尿薬治療をした人などにおいて、低ナトリウム血症が報告されています。

フルオキセチン治療をした糖尿病の人において低血糖が発症し、服用中止後に高血糖が進行したとの報告があります。フルオキセチンによる治療中または中止後は、インスリンや低血糖薬の量を調節してください。

SSRI'sによる斑状出血や紫斑などの皮膚異常出血や出血症状がごくまれに報告されています。出血障害の既往歴のある人やSSRIsを服用している人で、特に経口抗凝血薬や血小板機能に影響をおよぼす薬(クロザピン、フェノチアジン、ほとんどの三環系抗うつ薬、アスピリン、NSAIDsなど)を服用している人では、出血のリスクが増加します。

妊娠中または妊娠している可能性のある人は、治療の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。

乳汁中にアロー・フルオキセチン分散錠20mgの成分が移行することが確認されているため、授乳中の人が服用する場合は事前に医師に相談してください。

アロー・フルオキセチン分散錠20mgを服用中は、自動車の運転など危険を伴う機械操作に従事しないようにしてください。

フルオキセチンは血漿たんぱくにしっかり結合するため、同じくたんぱく質にしっかり結合する別の薬を服用している人がアロー・フルオキセチン分散錠20mgを服用する場合は、その薬のたんぱく質濃度が変化することがあります。